街の至るところで再開発が行われている。まるで傷を覆い隠すかのように白い囲いができている。そんな再開発で今、急速に失われつつある古き良き“せんべろ街”。賛成派と反対派の声が錯綜する街を訪ね当事者たちに話を聞いてみた。◆立石「呑んべ横丁」が消滅。進む再開発に住民は’23年9月、京成立石駅北口の路地裏で70年も愛された「呑んべ横丁」が消滅した。東京都葛飾区の立石では、駅の高架化に伴う再開発が本格化してい