クマやシカ、さらにキョンなどに寄生したマダニが人の生活圏内に侵入することによって、マダニが媒介する感染症の脅威が懸念されているという。 【映像】致死率30% マダニによる感染症「SFTS」の症状 そのなかでも致死率は最大で30パーセントと言われ、現時点で特効薬もないというのが「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」だ。 国立環境研究所室長の五箇公一氏はマダニについて「血を吸うダニで本来は野山に