【AFP=時事】ロシア西部ブリャンスク(Bryansk)州の学校で7日、14歳の女子生徒が散弾銃を発砲し、同級生1人を死亡、5人を負傷させた後、自殺した。現場は、ウクライナと国境を接する同州の州都ブリャンスク市近郊にある中等学校「第5ギムナジウム(Gymnasium Number Five)」。同州はウクライナ軍によるドローン攻撃や砲撃を受けている。重大事件を担当するロシア連邦捜査委員会(Investigative Committee)は、「14歳の少女