日本大学アメリカンフットボール部の危険タックル問題で、東京地検立川支部が当時の内田正人監督と井上奨コーチ、宮川泰介選手の3人を不起訴処分にする方針を固めたことが14日、わかった。井上前コーチは取材に対し「すごく言いたいことはいっぱいあるのですが、この件で、反省することも、感謝することもいっぱいあっ