世の中どんどん、値上げが進みます。

ソフトバンクが2015年4月15日(水)より、各種手数料の値上げを実施します。公式にて発表されていました。

各種事務手数料の改定について[ソフトバンク]

今まで1500〜2000円だった各種手数料が、一律で3000円になります。具体的には、以下の通り。

対象手続き改定前改定後機種変更手数料2000円3000円携帯電話番号ポータビリティ転出手数料
(MNP転出手数料)2000円電話番号・メールアドレスお預かりサービス
事務手数料2000円電話番号変更手数料1500円譲渡手数料1800円USIM再発行手数料1900円

特に「電話番号変更手数料」は1500円から3000円と、一気に2倍です。さすがに、2000円ぐらいにおさえて欲しかったですね...。

改定の理由については、「近年の事務対応の増加を踏まえて」とのこと。具体的な事は書かれていませんが、増税の影響もありそうです。


今のところ手数料改定を発表しているのは、ソフトバンクのみ。しかし、今までの流れからして、ドコモとauも後に続く可能性は高いと思われます。

これらの手続きをする予定だった方は、改定の前に済ませておくと良いでしょう。


各種事務手数料の改定について[ソフトバンク via shimajiro@mobiler]
Photo by Thinkstock/Getty Images