都心から車で1時間弱のところにある老舗蕎麦店は、週末には行列もできるという評判の店──。

 2014年5月に女性セブンがキャッチした紗栄子(28才)と、音楽プロデューサーでミュージシャンの大沢伸一氏(47才)の熱愛は、そんな蕎麦店が舞台となったが、ふたりは相変わらず、その店でデートを楽しんでいた。

「つい最近もいらっしゃいましたよ。一品料理をいくつか頼んで、最後に蕎麦を召し上がっていました。おでことおでこがくっつくくらいの距離で話しては、笑ったりしていて、常連客の間では、本当に仲のいいカップルって評判なんですよ」(ある常連客)

 実は報道後、しばらく会わない時期もあった。元夫で、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手(28才)との間の2人の息子(6才と4才)のことを思ってのことだったという。

「シングルマザーが恋をしちゃいけないって法律があるわけでもないのに、子供を置いてデートしていることについて、いろいろ言う人もいて、ちょっと悩んでしまっていたようです」(紗栄子の知人)

 また、大沢氏が紗栄子の地元・宮崎で仕事があった時、当初紗栄子は大沢氏に同伴する予定だったが、ドタキャンしたこともあった。

「でも紗栄子さんは、周囲の目を気にしてしまって、自分が大切にしたいと思っている人を失うことは嫌だと改めて確信したみたいですね。周囲の反感が逆にふたりの絆を強くしたようです」(前出・紗栄子の知人)

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号