木村カエラ

 『アリス・イン・ワンダーランド』や『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』など、独特の世界観とイマジネーション豊かなビジュアルで世界を魅了し続けるティム・バートン監督がこの冬、映画を愛するすべての人に贈る、ディズニー史上最も奇妙な“白黒3D”ワンダーランド『フランケンウィニー』(12月15日公開)。ティム・バートン作品のファンであり、本作のインスパイア・ソングとして新曲「WONDER Volt」を書き下ろしたアーティスト、木村カエラが本作の魅力について語った。

――カエラさんが感じる、ティム・バートン作品の魅力はどんな所にありますか?

カエラ:世界観が一つと言うか、彼の世界観がまずそこにあることと、ハッピー感だけではないダークな部分とか、光と影を彼の作品からすごく感じていて。すごくファンタジーなものでも、アニメーションでも、どこか人間らしさが詰まっている作品を作られる方だなと、いつも観ていて思います。

――特に好きな作品は何ですか?

カエラ:私は『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が一番好きです。

――本作には、個性的なキャラクターがたくさん登場しますが、特に気になったキャラクターは誰ですか?

カエラ:エルザ・ヴァン・ヘルシングという女の子がすごく気になりました。髪の毛の感じとか服装もそうだけど、目の動きとかヴィクターに対する視線のやり方、立ち振る舞いとかがすごく気になります。もし人間世界にこの子が実際にいたら、絶対に仲良くなりたいと思う子だなと。何を考えているのか知りたいと思うタイプの女の子だなと(笑)。

――本編の中で、特に印象に残っているシーンはどこですか?

カエラ:やっぱり生き返らせるシーンはすごく格好いいなと思いますし、曲を書いている時もあのイメージがずっと頭の中に回っていたので。屋根裏の中で天窓を開けて、雷が鳴っていて、その感じがすごく印象に残っていますね。

――昨年リリースされたアルバム『8EIGHT8』は全曲を渡邊忍さんが作曲されていましたが、今回のインスパイア・ソングはどなたが作曲されたのですか?

カエラ:渡邊忍さんです。

――アレンジなどサウンド面では、忍さんにどんなことをリクエストされましたか?

カエラ:ティム・バートンさんの作品のイメージとして、元々バイオリンとか弦のイメージがすごくあったので、そういうちょっとホラー感だったり、音が伸びていく感じとか奇妙さ、オーケストラの音で壮大さ、あとはリズムで変てこさ。この映画を観て曲を作ることになった時、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の時にビョークさんが、工場でやっている何かの作業で生まれる音に歌を乗せるシーンが思い浮かんで。スパーキーはボルトも入ってるし、つぎはぎだし、実験をしてるし、スパーキーに関する音をリズムとしていっぱい入れたいとリクエストしました。

――作詞の際には、どんなことを意識されましたか?

カエラ:歌詞はもう自由に書かせてもらったんですけど、映画に寄り添うものを書くべきか、ちょっと外れたものを書くべきか、すごく悩みました。スパーキーは本当に愛すべきキャラクターだし、この映画に必要なものは“愛する者”だと思った時、完全にスパーキーに寄った方がいいなと思いました。なおかつ子供でも歌えるもので、言葉が面白いもので、実験的なもので「映画を観ないと分かんないよ」という所まで行っちゃっていいかなと思いながら。孤独の中で自分自身と向き合うことによって絶対的に見えてくる希望がきっとある、それがスパーキーなんじゃないかと考えて、人の背中を押せるような曲にしないとなと思って書きました。

――歌詞にもありますが、カエラさんにとっての“自分らしさ”とは何ですか?

カエラ:大人になればなるほど、自分が分からない部分ってすごくいっぱいあるなと感じていて。人に「個性的だよね」「カエラっぽいよね」とか言われることは、すごく嬉しいと言うか。そこから見える「じゃあ、こんなことも出来るのかな?」とか、自分を知っていくということは、すごく今後に繋がっていくことだと思うんですね。人と関わることによって見えてくるものは、きっと個性だけでなく沢山あると、すごく感じていることなので。

デビューしてから、色んな人に色んなことを言われてきているので、“自分らしさ”みたいなことって、自分で探し過ぎて、ちょっと分からなくなってる部分があるんですけど、「真面目じゃなさそうに見えて、真面目ですね」って結構言われるんですよ(笑)。「私は真面目なのか?」ということを意識するようになって、「真面目じゃなくするには、どうしたらいいんだろう?」と頭を切り替えたことがありました。

――では、カエラさんが夢を実現するために大事にしたことは何ですか?

カエラ:まずは、本当に好きなことなのか見極めることだと思います。自分を曲げずに、真っ直ぐ見れるものとして、それを夢とするのか。「成功しよう」と変な邪念が入ると、きっと上手くいかないと思っていて。自分自身を貫き通せるものだったり、「面白くしたい」というものにむけて、真っ直ぐな一本の道を考え抜いて、最初から最後まで夢を叶えるまでの道を頭の中で描いてました。

若いから恐い者知らずで突っ走れた所や、勢いで真っ直ぐ行った所もあったと思うので、今同じことをやれと言われたら、もしかしたらそんな力は無いかも知れないけど。ちゃんと頭の中で描いて曲げることなく、好きなものとして変な気持ちを抱かずに出来るかという所に自分を懸けた方が、きっと真っ直ぐ行けると思いますね。

――カエラさんには、つぎはぎだらけのスパーキーのように、ボロボロになっても今も捨てられずに大切にしている物などはありますか?

カエラ:私が3歳の頃にケアベアがすごく好きで持ってたんですけど、犬に意地悪をしたら、犬が私の大切な物だと分かってて耳を噛みちぎったんですよ。もう噛み跡とかグチャグチャなんですけど、イギリスのおばあちゃんから頂いたすごく大切な物で、今もずっと持ってます。


映画『フランケンウィニー』12月15日(土)3D/2D公開

楽曲情報
12月19日に「WONDER Volt」「マミレル」「Sun shower」を収録したNEW ALBUM「Sync」をリリース。
2013年1月27日からは全国17都市19公演のホールツアーを行う。
KAELAWEB

スタイリスト:丸山佑香(まきうらオフィス)
メイク:足立真利子
衣装:シャツ¥12,600/マイパンダ(スマイルズ)、その他/スタイリスト私物