Image by: Fashionsnap.com

写真拡大

 日本最大のヘアーカラーリングイベント「SPLASH INTERNATIONAL(スプラッシュインターナショナル)2010」が、2010年3月16日(火)両国国技館にて開催された。メインイベントでもあるコレクションステージ「HAIR COLORING COLLECTION(ヘアカラーリングコレクション)」では、東京でも高い人気を誇る「artifata(アルティファータ)」「kakimoto arms(カキモトアームズ)」「DADA CuBiC(ダダキュービック)」「MINX(ミンクス)」「BEAUTRIUM(ビュートリアム)」に加え、シンガポールのサロン「anthony Hair Boutique(アンソニーヘアブティック)」の6サロンがステージを繰り広げた。

 「SPLASH INTERNATIONAL」は、ホーユーとトップヘアサロンがコラボレーションする日本最大級のヘアーカラーリングイベント。アジア、そして世界への情報発信を目指す、ヘアショー、ファッションショーの枠を超えたトータルクリエイティブステージとして毎年開催され注目を集めている。11年目を迎えた2009年に「HAIR COLORING SPLASH」から名称を改め、2年をかけて1つのストーリーを完結させる、よりメッセージ性の強いイベントへと生まれ変わった。

 トップサロンが個性豊かに表現するステージ「HAIR COLORING COLLECTION」では、2010年のテーマを「ONE HEART〜親愛なる人へ〜」と掲げ、 海外からのサロンを含めた6サロンが2009年のテーマ「ONE LOVE〜 愛を捧げたい存在〜」の後編となるステージを繰り広げた。

 トップを飾ったのはシンガポールのサロン「anthony Hair Boutique」。"エレクトロガールズ"と称されたの6名モデルが、未来を象徴するモノトーンスタイルで登場した。ファッションや電子音を使用したバックミュージックのクールな印象とは逆に、ヘアは暖かみのあるウォームカラーでコントラストをつけたショーとなった。「kakimoto arms」では、ラムちゃんやあられちゃんなどのアニメのキャラクターに変身した道端カレンや、アリスなどの人気モデルによるパフォーマンスが会場を沸かせた。また「DADA CuBiC」では、現実と夢とが交錯する瞬間を、ダンサーや劇団、オペラ歌手を交え、壮大に表現。拍手喝采の感動を呼ぶ演出となった。そしてトリを飾ったのは「BEAUTRIUM」。おやじダンサーズの切れのいいダンスでスタートし、ドラァグクイーンが登場。ヴィヴィッドなヘアカラーに、それに負けないド派手な演出。最後はブロードウェイミュージカル「コーラスライン」さながらのダンスで、フィナーレを歓喜の渦に包み込んだ。

 「SPLASH INTERNATIONAL 2010」の開場では、毎年あるテーマのカラーリング作品を募集し、選ばれた受賞作品を表彰する「HAIR COLORING COMPETTION」、ヘアカラーリングが最も似合う有名人を表彰する「HAIR COLORING AWARD 2010」も同時開催された。ヘアカラーリングにスポットライトをあてることで、その可能性を幅広く知らせるだけでなく、そこに存在する「最高の、最適なヘアスタイルを届けたい」というそれぞれの美容師の想いもしっかりと伝わるイベントとなった。【記事の写真をもっと見る】