カンザス州トピーカで行われた今週のRAWは、オープニングからファンが驚かされる展開となった。SmackDown所属のバティスタが、いきなり場内に現れたのだ。RAW GMのウィリアム・リーガルが招待したらしい。バティスタがサバイバー・シリーズでのヘル・イン・ア・セルへの意気込みを語ると、会場が闇に包まれ、何とアンダーテイカーまで現れた。一触即発という雰囲気の中、リーガルGMは2人を止めて試合を提案した。バティスタとアンダーテイカーを組ませて、世界タッグ王者組ランス・ケード&トレバー・マードックと戦わせるというのだ。

果たして試合が始まったが、SmackDownの頂点を争う2人は世界タッグ王者組を圧倒、アンダーテイカーがケードを葬りさって勝利を収めた。バティスタはマードッグを強烈なバティスタ・ボムで沈め、ヘル・イン・ア・セルに向けた準備が完了していることを強調した
〔続きはコチラ

WWE来日ツアー決定! - 日本公演特設ページオープン
WWE日本語公式サイト