学生服は高すぎる? 1万円スーツはあっても、制服は絶対に安くならない「特殊な事情」

写真拡大

―[メンズファッションバイヤーMB]―

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第469回目をよろしくお願いします。
◆意外に知られていない「ファッション素朴な疑問

 今回は「ファッション素朴な疑問」について3つ回答します。

・学生服はなぜ高い?
・AIが作った服はもうあるの?
・ブランドもののシルエットを完璧にコピーしたファストファッションとかなぜないの?

 ちょっと一歩進んだ疑問にも回答していきますよ。ぜひご参考に。

◆★学生服って何で一着数万円もするの?

 実は最近X(旧Twitter)でも話題となっていました。「学生服にはいびつな流通構造があり、いわゆる談合の様な形で特定の業者が独占的に受注し価格を釣り上げているのではないか?」というものです。

 たしかに中学高校の制服などは上下揃いで2万〜3万円もしたり妙に高いなとも。実際、そうした独占禁止法に接触するような事例もあるようですし、それらは糾弾されるべきと思いますが……ただ「学生服が高くなる理由」もちゃんと存在しています。

 これは制服生地の国内シェアトップ企業であるNIKKEさんからお話を伺ったことがありますが、学生服には染色問題がついてまわるそうです。というのも学生服は1年生も2年生も3年生もすべて同じデザイン同じ色で作られていますよね。

 制服の生地にはTW素材……ポリエステルとウール混紡のものが多く採用されますが、考えてみたらウールとは”羊さんの毛”です。羊さんの生育環境や生育状況は年にとって違います、「今年の肉は〜」「今回のワインは〜」なんて飲食業界では決まり文句ですがウールも実は同じように毎年変化のある原材料をつかって生地を作るのです。

◆高い技術力が必要とされる特殊な事情

 すると、毎年出来の異なる原材料をまったく同じような色味に染色させる必要が出てくる。これが非常に困難なのですね。

 たとえば、1年生と2年生の制服の色が同じネイビーでも微妙に明暗のことなるものに仕上がってしまったら……当然、学校側からはクレームが来るでしょう。これは決して「メーカー都合のオーバースペック」などではなく、実際制服はそうしたクレームが多いそう。

 同じ色でないと制服の意味がないわけですから、カジュアル服よりもさらにシビアにみられるため対応せざるを得ないわけです。また、こうした異なる原材料でも均一の色に染色できるくらい高い技術力を持ってる業者が結局、選ばれ生き残るわけですね。

◆海外のハイブランドも採用する高級ウール

 また、NIKKE素材は国内有数の毛織物業者であり、世界3大ウール産地として名高い「尾州地域」に属する大手メーカーです。

 海外、特に素材にうるさいジルサンダーに好まれた生地で、今でもハイブランドメゾンがこぞって採用しています。それを使っているのですから、日本の制服はずいぶんハイエンドなモノ作りになっているのですね。

 もちろん「そんな面倒なことするなら私服でいいじゃないか」という論に私も大賛成ではありますが、ただ我々が過去着ていた制服には世界に誇る日本の繊維産業技術の粋で作られているということをぜひ知っていただきたいなと思います。理由がなく高いわけ……でもないんですよ。

◆★「AIが作ったデザイン服」が市場に出てこないのはなぜ?

 AIバブル真っ只中の現代、AIが作ったアート、AIが作ったゲームなど多くの「AI産」が誕生していますが……考えてみたらファッションだけはAIが出てきてない??

 いえいえ、実はそんなことありません。ハイファッションを束ねる世界のブランドコングロマリッド「リシュモン」グループに属するファッション通販サイトYOOX(ユークス)のオリジナルレーベル「8 by YOOX」は顧客データなどから導かれたAIデザインによる服作りを行っています。