球児たちを待ち受ける“聖地”

写真拡大

“準優勝校”を差し置いて、“準決勝敗退校”が出場

 第96回選抜高校野球の出場32校が1月26日に決定する。トーナメントの一発勝負で代表校が決まる夏の甲子園に対し、センバツでは直接対戦していないチームの実力が比較されるなど、不透明な部分も多く、過去には不運な落選に泣いたチームも少なくない。【久保田龍雄/ライター】

数々の伝説を残した「スター選手」若き日の姿…【写真特集】甲子園の怪物

 まず記憶に新しいのが、2022年の聖隷クリストファーである。同校は前年秋の東海大会初戦で、エースで主将の弓達寛之が右肩骨折で緊急降板するアクシデントに見舞われながら、チーム一丸となってその穴を埋め、準々決勝の中京戦で2点差、準決勝の至学館戦では3点差をいずれも9回に執念の大逆転。決勝では日大三島に3対6と逆転負けしたものの、東海地区の2枠は、日大三島とともに静岡県勢が独占するものとみられていた。

球児たちを待ち受ける“聖地”

 ところが、1月28日に行われた選考委員会では、準決勝で日大三島に5対10で敗れた大垣日大が2校目に選ばれ、聖隷クリストファーは補欠校になった。東海大会の準優勝校が落選するのは、1967年の名古屋電工(現・愛工大名電)以来、55年ぶりの珍事だった。

 準優勝校を差し置いて、準決勝敗退校が選ばれた理由は、「甲子園で勝てるかどうか」を判断基準とし、東海大会で好投手を擁する静岡、愛知県1位校の享栄を連破した大垣日大のほうが「投打両面で個々の能力が高い」とされたからというもの。両校は直接対決していないのに、「大垣日大が上」とされた理由は説得力に欠け、「地域性を考え、静岡から2校は避けた」と説明したほうがまだましと感じたファンも多かったはずだ。

ダルビッシュからも疑問の声

 この選考結果は、「不可解選考」とネットなどを中心に大きな反響を呼び、パドレスのダルビッシュ有もツイッター上で「『個人の力量に勝る大垣日大』って。それならせめて聖隷クリストファー高を選考した上で特別枠で大垣日大高を選考するべきではないんですかね?」と疑問を投げかけた。

 上村敏正監督は「高野連には抗議文などを出すつもりはない」と落選を受け入れたものの、同校OBを中心に「出場校を1校増やし、33校目の出場校として聖隷クリストファー校を選出してほしい」という趣旨の署名活動が始まり、3日目で1万人の署名を集めた。

 だが、主催者側は2月10日、「去る1月28日に決定した第94回選抜高等学校野球大会出場32校と補欠校は最終のもの」(日本高野連会長で、選考委員会委員長の宝馨氏)と明言し、33校目は幻と消えた。気持ちを切り替え、夏を目指した同校ナインだったが、県大会準決勝で敗退し、甲子園初出場の夢を叶えることはできなかった。

“処分”は解けたものの

 2016年の済美も、選出が有力視されながら、不運な落選に泣いた。14年8月、野球部の複数の1年生部員が2年生部員からカメムシを食べさせられるなどのいじめが発覚し、1年間の対外試合禁止処分を受けた同校は、処分が解けた15年秋の四国大会で4強入り。準決勝では優勝校の高松商に5対6と善戦した。その後、高松商は明治神宮大会でも優勝し、四国地区は神宮枠も含めて最大4校が選ばれる可能性もあった。

 だが、1月29日の選考委員会で、3校目は準決勝で明徳義塾に延長10回の末、3対4で敗れた土佐に決定。済美は中国・四国地区6枠目の選考でも中国大会4強の開星の後塵を拝し、補欠校になった。

 土佐の選出理由は、「投手力を含めたチーム力で済美を上回っていた」というもの。だが、明徳義塾とともに3校中2校が高知県勢と地域性で偏り、済美が明治神宮大会優勝校に善戦したことが結果的に考慮されなかったのも、不可解に思われた。

 また、済美は処分明け後の前年9月にも野球部コーチが部員への暴力行為で謹慎処分を受けており、これが影響したのではないかと憶測する声もあった。一方、土佐はさわやかな全力疾走が伝統の文武両道の進学校で、3年前にも21世紀枠で選ばれており、“高野連好み”のイメージが強いのも確かだった。

 済美は先輩にいじめを受けた世代が主力となり、1年間の重苦しい試練を乗り越えてきたことを考えると、甲子園で見たかった気もするが……。

「出れると信じていたが、残念だ」

 最後は2015年、19年と2度にわたって21世紀枠の最終候補に名を連ねながら、いずれも落選した平田を紹介する。

 実は、平田は21世紀枠導入以前の1986年にも、選出有力とみられながら、落選している。前年秋、島根1位校として中国大会に出場した平田は、1回戦で鳥取1位校の米子北を3対2で下し、準々決勝で多々良学園(現・高川学園)に2対5で敗れた。

 通常ならこの時点でセンバツは絶望的だが、過去2年間山陰から選ばれていないという地域性に加えて、当時は寒冷地枠という特別枠が配慮されることがあった。また、全部員が地元出身で、他の運動部とグラウンドを共用しながら、少ない練習時間をフル活用しているという点もクローズアップされた。

 だが、2月1日の選考委員会では、尾道商、防府商、広島工に続く最後の4枠目は、初戦敗退の岡山南が投手力を評価されて逆転選出。平田は「防府商と同じ市内」という理由で見送られた多々良とともに補欠校になった。

 錦織正実監督は「出れると信じていたが、残念だ。秋の県大会優勝の経験を生かして、夏にまた頑張る」(2月2日付・山陰中央新報)と雪辱を期したが、夏は県大会決勝で惜敗した。

 その後、同校は2004年に21世紀枠の県推薦、前記のとおり、15年と19年に最終候補の9校に選ばれたが、いずれも落選。そして、2年連続秋の中国大会出場をはたした直後の20年に21世紀枠で春夏通じて甲子園初出場の朗報が届くも、これまた不運にもコロナ禍により、大会中止に。だが、同年夏に行われた甲子園交流試合に出場し、86年の落選から35年目の悲願を実現している。

久保田龍雄(くぼた・たつお)
1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。

デイリー新潮編集部