(※写真はイメージです/PIXTA)

写真拡大

宝くじで1億円当たったら……誰もが一度は夢見るもの。では、実際に高額当選者となった人のその後はというと、あまり知られていません。普通のサラリーマンであるAさんは、1億円を当てた高額当選者です。しかし数年後、Aさんは宝くじに当選したことを後悔するほど悲惨な末路を迎えることに……。一体なぜでしょうか。本記事では、宝くじ当選者のその後について、FP1級の川淵ゆかり氏が解説します。

普通のサラリーマンが宝くじに大当たり!

Aさんは中小企業に勤務する45歳のサラリーマンです。パート勤務の妻と中学生の娘の3人で10年前に購入した一戸建てに暮らしていました。このごろは、結婚して20年近くの奥さんとは仲も冷え切っており、あまり話もしなくなりましたし、年ごろの娘さんからもほとんど口を利いてはもらえない状態です。

そのため、家に居るときもほとんど1人で書斎に引きこもっていました。楽しみといえば、お給料日にキャバクラに行って飲んだり、休日には電車に乗って好きなカメラで景色を撮りに行ったり、という程度でした。

そんなAさんですが、外回りのあいだに何気なく買った宝くじで1億円が当たってしまったのです。宝くじには高額当選者しかもらえない「その日から読む本」というのがあります。そのなかには「ひとりでも人に話せば、噂が広まるのは覚悟しよう」という項目があります。Aさんはこれを読み、話好きの奥さんがしゃべってしまうのではないか、という恐れから、誰にも言わずに黙っていることを決めました。

Aさんは大卒で中小企業に勤めた年収580万円のいわゆる「普通のサラリーマン」です。1億円といった大金など、目にしたこともありませんでした。ちなみに男性の大卒中小企業勤務の生涯年収は2億2,220万円ともいわれています(「労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2020」同一企業型の生涯賃金」より)。Aさんはサラリーマンが一生かけて稼ぐ額の半分を一度に手にしたのです。

「高級車も欲しいな」「世界一周旅行も行ってみたいな」と夢を膨らませましたが、当然家族にバレてしまいますから、大きな買い物はじっと我慢して過ごすことに決めました。

そのようななかでも、「カメラの値段は女房にはわからないから」と、新しい高額なカメラを買ったり、妻には残業や付き合いという言い訳でキャバクラに行く回数が増えたりしていきました。

「なにかおかしい…」Aさんの異変に気付いた妻

Aさんは人目に触れないよう、大きなお金を使っているつもりはなかったのですが、やはり大金を手に入れたせいか、気が付かないうちに金銭感覚が変わっていったようです。

キャバクラでも以前は必ず予算を決めて飲んでいたのですが、気持ちが大きくなっていき、お金の使い方も次第に荒くなっていきました。当然、店の女の子もこれに気が付き、高いボトルを入れさせたり、同伴デートでバッグを買わせたり、とAさんはいいカモです。

さて、キャバクラの女の子よりももっと前にAさんの変化に気が付いていたのは、当然奥さんです。ボーっとしたり、以前は憮然としていたのにときどき口元が緩むようになったりしている夫に「なにかおかしい……」と感じていました。

最近は若い女の子とデートするようになったせいか、おしゃれにもなっているAさんを見て「まさか、浮気しているんじゃないか?」と疑うようになっていました。しかし、日ごろから奥さんに関心のないAさんは「絶対バレていない」と自信満々に暮らしていました。

とうとう家族にバレてしまったAさん、瞬く間に噂は広まり…

さて、宝くじ当選から半年も過ぎ、Aさんも気持ちがすっかり緩んだころ、「夫はなにか隠している」と以前から感じていた奥さんは、Aさんの出張中に書斎を物色し、そしてとうとうクローゼットの奥から通帳や「その日から読む本」などが入った箱を見つけ出してしまったのです。

Aさんは出張から帰ると奥さんと娘さんに猛攻撃に合いました。奥さんは「私が働く意味なんて」と、パートを辞めてしまいます。そしてAさんは2人から5日間の海外旅行を約束させられてしまいました。

Aさんの奥さんは、さすがに宝くじに当たったことは伏せましたが、友達やご近所に海外旅行に行くことを喋ってしまいます。Aさんは有給休暇の届け出のほか、会社の決まりから海外旅行の届け出も必要で、「給料も上がっていないのにあいつは景気がいい」と社内で噂されてしまいます。

海外での妻や娘の買い物熱はすさまじく、帰国してからもこの熱は冷めません。キッチンのリフォームや高級RV車も買わされ、通帳残高はみるみる減っていき、当初の資金計画などあったものではありません。

Aさんは減ってしまった分を取り返そうと慣れないFXに手を出して失敗し、さらに大きな損失を出してしまいます。すっかり贅沢が身に付いてしまった妻と娘。なかなか生活のレベルをもとには戻せませんし、Aさんが注意しても聞こうともしません。

海外旅行やキッチンリフォームに高級車、ブランド品を身にまとい派手になっていく妻や娘は近所でも会社でも「Aさんの家は景気がいいな、宝くじでも当たったんじゃないの?」と噂されるようになっていきました。

ついに家族が崩壊…宝くじ当選者の悲しい現実

Aさんの通帳の残高も少なくなり、家族の仲はさらに悪くなっていき、娘さんは20歳を迎えたころに家を出ていってしまいます。

宝くじが当たってからは仕事への意欲も失くしていたAさんも50歳を過ぎ、「窓際」と呼ばれる部署に追いやられ、年収は100万円以上もダウンしてしまいます。すっかり夫に愛想をつかしたAさんの奥さんも(彼氏ができたのでしょうか?)、保険を解約してまとまった現金を手に家を出ていってしまいました。

それから数年後、Aさんはこの件について一度だけ話してくれました。

宝くじのお金がなくなって妻と娘を失いました。妻も家から持って出たお金がきっと底をついてしまっているんじゃないでしょうか。振り返っても、なぜあんな金遣いをしてしまったんだろう、宝くじなんて当たらなければ、そもそも宝くじなんて買わなければ……どこを切り取っても後悔しかありません。私も50歳を過ぎてこれからどうやって生きていこうか悩んでいますが、いまはただ妻と娘に会いたい」

考えてみれば、Aさんは一言も「宝くじに当たった」とは誰にも告白しませんでした。それでも、宝くじに当たったことはバレてしまいましたし、噂も流れてしまいました。近所の目もあったのでしょう。1人で住むには広すぎる家を売却してAさんはひっそりと1人どこかへ引っ越したそうです。

宝くじの夢が現実になったとき、夢は消え去ってしまうのでしょうか。

川淵 ゆかり

川淵ゆかり事務所

代表