大阪のお笑いの原点にして頂点〈なんばグランド花月〉の魅力を体験!

写真拡大 (全7枚)

大阪に来たからには訪れない理由がない笑いの殿堂。伝統のステージはもちろん、街には観劇の前と後もおいしく過ごせる場所がしっかり用意されています。爆笑の勢いそのまま、夜まで楽しむなんば街歩きへ。

心もお腹も満たす街では、観劇後も笑顔満開!

「もともと劇場(NGK)の東側とかは、夜になると真っ暗で、ちょっと怪しげなエリアだったんです。それが10年ぐらい前から、昭和な気配が残る街の雰囲気に惹かれた若い方たちがお店を出し始めて。今では爛Ε蕕覆鵑亅瓩覆鵑童討个譴襪茲Δ砲發覆辰董劇場の周辺を含めたなんばの街全体が、以前にも増してにぎやかになりました。飲む、食べる、笑うの全てがありますからね。大阪を体感するには最高の街だと思います、なんばは」

(function (cs) {/* Publisher options */var options = { clickUrl: "%%CLICK_URL_UNESC%%", gdpr: "${GDPR}", gdpr_consent: "${GDPR_CONSENT_898}", coppa: "%%TFCD%%",};/* DO NOT TOUCH ANYTHING BELOW */cs.parentNode.insertBefore(Object.assign(document.createElement("script"), { type: "application/javascript", async: 1, src: "https://tagservice.maximus.mobkoi.com/boot/b98dab67-2ba5-4c84-9895-fa151462397e/?po=" + encodeURIComponent(JSON.stringify(options)) + "&cb=" + Math.random() + "&st=" + Date.now()}), cs); })(document.currentScript);ライブでおもいっきり爆笑しに来てや〜常に笑顔の人でごった返し、活気に満ちた〈なんばグランド花月〉前。海外からの観光客も多く、皆、笑いへの期待が高まっている様子。

なんばの街を俯瞰で見ると、そのど真ん中に鎮座しているのが〈NGK〉だ。言わずと知れた笑いの帝国〈吉本興業〉の総本山でもあり、漫才、落語、コント、そして吉本新喜劇を、テレビ用に縮尺されたものではなく、フルサイズで楽しめる大劇場。「かしこまった場所ではないので、今日はあの店であれ食べよかな…みたいな感じで、なんばの街で過ごす際の、気軽なメニューのひとつだと思っていただければ(笑)」と奥谷さん。いざ、爆笑準備良し!

なんばグランド花月

住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11-6TEL:06-6641-0888 なんば営業時間:10:00(土日祝9:00)〜18:00定休日:なし

日本最高峰の芸人が一堂に会する笑いの殿堂。師匠クラスの大御所から今をときめく若手まで、吉本の笑いをライブで堪能できる大劇場、通称〈NGK〉。漫才、落語、吉本新喜劇が一度に楽しめる本公演(1階指定席4,800円、2階指定席4,300円)を軸に、毎日3公演以上。1階には芸人さんのオフィシャルグッズが勢揃いする〈よしもとエンタメショップ〉も。858席https://ngk.yoshimoto.co.jp/

奥谷達夫 なんばグランド花月 総支配人

おくたに・たつお/大阪生まれ。「笑い飯」のほか、多くの芸人のマネージャーを経て、2019年からは〈吉本興業〉の副社長も務める。お笑いはもちろん、大阪ミナミのあらゆる歴史やカルチャーに精通。

photo : Yuto Yamamoto text : Takashi Matsumoto編集部 Hanako編集部

東銀座にある編集部からお届けします!

No. 1223

大阪通が教えてくれる 最新・大阪案内。/大橋和也 (なにわ男子) 2023年07月28日 発売号

古くから「天下の台所」、そして「食いだおれの街」と称されてきた大阪は、人々が豊かな食を育んできた街。令和の今、そんな大阪のフードカルチャーを目当てに、海外からもたくさんの人が訪れています。世界からも注目を集める大阪の“おいしい”魅力について、大阪通から教えてもらう今回の大阪特集。美しく澄み切った出汁の旨味、香ばしいソースの香り、食欲をそそる揚げたて焼きたての音…。エリア、ジャンル、テーマにわけて五感をフルに刺激する大阪の食の最新情報をお届け!

もっと読む