レビューが運営する情報メディアahamoは、使ってみたいけど使い方がわからなくて利用していないアプリに関する調査を実施し、結果を公表しました。同調査によると最も多かったのは「キャッシュレス決済」で、次点で「ネット銀行」「行政手続き」と続きました。

「便利そうだが使い方がわかる人とでないと心細い」

使ってみたいけど使い方が分からなくて利用していないアプリ1位は、唯一30票超を獲得したキャッシュレス決済で、ネット銀行、行政手続き、動画・音楽配信サービスと続きました。
 

 
キャッシュレス決済アプリについては、「色んな店で見かけるし使ってみたいが、複数のキャッシュレス決済を使うとごっちゃになりそう」「利用者を見ると財布を出すことがないので、金銭のやりとりが面倒ではなく便利そう。使いたいが一度わかる人と一緒にやってみないと心細い」「便利だと思うが登録が面倒で使っていない」といった声があがりました。
 
2位のネット銀行アプリでは、アプリをインストールしたものの使っていないという声が多く挙げられました。「(アプリが)特に絶対必要でもなく、利用用途も明確でない」「キャンペーンなどの兼ね合いでどのタイミングで始めればお得になるかわからない」と感じている人もいるようです。
 
そのほかのアプリでは、サブスクリプションが難しい、アプリの使い方がわからない、セキュリティ面で不安がある・・・といったことから利用していないことが調査結果から明らかになりました。
 

インストール後に登録・設定が必要で利用をやめる傾向?

この調査は全国の10代以降の男女を対象に、2022年7月にインターネットで実施したもので、回答数は女性110名、男性40名の合計150名でした。
 
レビューは調査結果を受けて、「インストール後に登録や設定が必要なアプリが多く、難しいと利用をやめてしまうユーザーが多い」と総括しています。
 
 
Source:レビュー 調査結果
(asm)