1975年から2000年にかけて子どもの数学と科学の知能を測った指標では、1990年代半ばでピークに達し、そこからは大幅に低下していた(写真:Fast&Slow/PIXTA)

2000年から3年ごとに実施されているOECDのPISA(Programme for International Assessment)と呼ばれる学習到達度調査があります。日本は、調査開始時の2000年にはOECD加盟国中「数学的リテラシー:1位、科学的リテラシー:2位、読解力8位」と高水準でしたが、2018年の前回調査では「数学的リテラシー:5位、科学的リテラシー:6位、読解力15位」と大幅に順位を下げています。

近年見られる学力低下の要因のひとつとして、アメリカ・精神科医のダンクリー博士は、デジタル機器による子どもの脳への深刻なダメージを挙げています。こういったデジタル脳のおそろしさと脳の回復方法をまとめた『子どものデジタル脳 完全回復プログラム』から一部抜粋・再構成してお届けします。

子どもの知能が1990年代半ばから大幅低下

1980年代に、知能研究者のジェームズ・フリンが興味深い現象について書いている。前世紀の間、IQスコアが10年ごとに約3ポイント上昇していたため、研究者は15年ごとに曲線を再正規化する必要があるというもので、「フリン効果」と呼ばれている。

この効果は、先進国を中心に世界的に見られ、専門家は、栄養状態の改善、刺激的な環境、教育の進歩、特に特別支援教育などの社会環境要因が影響しているのではないかと考えた。

しかし1980年代から1990年代にかけて、先進国ではIQの上昇が緩やかになり、その後停滞する一方で、発展途上国ではIQの上昇が続いていることから、環境の恩恵を最大限に受ければIQは実質的な「天井」に達すると考えられた。

ところが、それと同じくらい興味深いことに研究者たちは気づき始めた。2007年、ロンドン大学キングスカレッジのマイケル・シェイアー教授などが、「実は傾向が逆転している」という驚くべき研究結果を発表したのだ。

1975年から2000年にかけて数学と科学の知能を測った指標では、知能は1990年代半ばでピークに達したにもかかわらず、そこからは大幅に低下していた。さらに、2000年から2003年にかけて、中学1年生の生徒の知能は低下し続けていたのだ。

この研究では、ほかにも次の3つの興味深い発見があった。

|忙劼判子の間の数学と科学の得点差がなくなった。
男子も女子も得点が下がっているが、男子のほうが女子の約2倍も下がっている。
9眛静声圓眥稙静声圓癲一様に得点が下がっている。

実際、2003年に上位10%に入った子どもの中には、1970年代の同じ層の子どもと同じような高得点を取っている子どもはいなかった。2003年の子どもは、平均して1970年代の子どもよりも3年遅れていた。以来ほかの研究でも、ほかのIQ指標で同様の低下が示唆されている。

テレビの視聴に、ゲームやパソコン使用が拍車?

なぜこのような逆転現象が起きたのか、そしてなぜスコアが下がり続けているのか? なぜ男子のほうが女子よりも影響を受けているのか? 

誰にもわからないし、確かなことは言えないが、専門家の間では、テレビ視聴の増加が最初の低下をあと押しし、ゲームやパソコンの使用が増えたことがそれに拍車をかけたとされており、活動レベルの低下、読書時間の減少、想像力を駆使した遊びの減少なども、この差の原因になっていると考えられている。

つまり、直接的にも間接的にも、スクリーンタイムとそれに付随するすべてのものが原因となっているのだ。

IQは「脳の健康そのもの」を測る指標ではないが、「発達の成熟度」を測る一種の基準にはなる。これまで見てきたように、スクリーンメディアは、短期的には子どもの脳を拘束し、生活のあらゆる分野の機能に影響を与える。そして長期的には、スクリーンメディアが発達そのものを阻害し、成長の妨げや停滞、さらには退行を引き起こすことが観察や研究からわかっている。

逆に、スクリーンなしの生活をすることで、時間の経過とともに利益が増加する。

双方向スクリーンをほとんど使わずに育った子どもは、感情面での認知発達や機能レベルの点で、スクリーンに接していた「典型的な」聡明な子どもを上回ることが考えられるのだ。

これは、「スクリーンから自由になれば、精神的な健康だけでなく、時間をかけて実現される発達上のメリットも得られる」ということだ。スクリーンタイムがなくなると、脳内化学物質のバランスが調整され、概日リズムが再び正常に戻る。過剰な刺激を受けたネットワークが鎮まり、ストレスホルモンが減少し、血流が前頭葉に戻ってくる。

このような変化は、制御不能な影響を取り除くことで始まり、良質な睡眠によって強化される。同時に、美しい相乗効果として、スクリーンの代わりに行われる活動によってこの効果が倍増する。スクリーンタイムがなくなると、多くの場合、子どもの健康的な発達に必要とされる活動や関わり合いが、その時間を埋めていく。家族の絆が深まり、子どもが自然の中で遊ぶようになる。

回復プログラムやその後のマインドフル・スクリーンマネジメントの使命は、子どもの現在の心の健康と未来の成長を最適化することだ。そのためのステップについては、後の部分で説明するが、ここではデジタルデトックスの全体像をつかんでいただき、なぜこのプログラムがこんなにも「お得」なのかを実感し、理解していただきたいと思う。

メンタルヘルスについては、症状の緩和を求めたがり、「何を目指すのか」を置き去りにしてしまいがちだ。

脳に何が起こっているのか、精神疾患がどのように症状や機能障害を引き起こすのか、ということはよく知られている。スクリーンタイムがどのように私たちに悪影響を与えるのかを理解してもらうために、何が問題になるのかを断片的に説明してきた。スクリーンタイムが、さまざまなメカニズムで、さまざまなレベルで、私たちに悪影響を及ぼすことがおわかりいただけたと思う。

病気とは物事がどのように「壊れていくか」である一方で、健康とは「統合すること」である。どのような状態であっても、目標は、脳を完全な状態に近づけることだ。脳が統合されればされるほど、回復力と能力が高まるのだ。

変化に対応できる「柔軟性のある脳」が理想

児童精神科医のダン・シーゲル博士は、マインドフルネスと健康的な愛着の神経生物学的研究の先駆者である。彼はメンタルヘルスを「川の流れ」にたとえている。一方の岸は「混沌」を表し、もう一方の岸は「硬直」を表していて、目指すのは、どちらかの極端な状態をも避けて、川を快適に流れていくことで、必要に応じてコントロールを強め、行き詰まったら手放すのだ。

川を上手に渡っている(=メンタルが健康な)人は、脳が統合されており、シーゲル博士が頭文字で表現する「FACES(柔軟性、適応性、好奇心、エネルギー、安定性)」の特徴を持っていると考えられる。

私も、子どもには硬直ではなく「柔軟性」を求めたい。ストレスや変化、課題に直面したときに適応できること、自分を取り巻く世界や自分と他人について好奇心を持つこと、枯渇することなくエネルギッシュで、安定して自己統制がとれ、制御不能ではないことを。

子どもの脳を最適に統合する5つの条件

子どもの脳を最適に統合するための条件は、次の5つがある。

)性的なストレスを避ける
⊇淑な休息時間
親子の触れ合い
せ彪磴鰺燭┐觧期と量
ヂ里鯑阿すこと

これらの要素の多くは、「右脳の機能」に関連している。右脳はよりホリスティックな(つながり・統合に関わる)面を持ち、右脳への刺激は心理的にも生物学的にも私たちを癒してくれるのだ。絆、運動、創造性、感情、抽象的な思考などは、すべて右脳を刺激し、前頭葉を含む脳全体の統合や、脳と身体をつなぐ助けにもなる。

一方、左脳は、文字や情報を好む。たとえば、本稿で紹介するエピソードを読むと、右脳がすべてを受け入れて理解し、ドーパミンやメラトニンについて読むと、左脳がその詳細を記憶する。

一般的に、スクリーンタイムは情報が詰まっているため左脳を刺激しすぎる一方で、右脳への刺激が弱い傾向があり、システム全体が断片化され連携が弱くなる。神経系の調節が効かなくなってきたら、右脳の活動を重視して軌道修正する必要があるのだ。

私たちは皆、「完全である」とはどういうことなのかが、直感的に「わかって」いる。言葉にもそれが反映されていて、自我や精神が「統合されている」人のことを「まとまっている」「回復力がある」「把握できている」などと表現するものだ。

自我がバラバラになりやすい人の場合は、「心がもろい」「ストレスに耐えられない」「精神的にボロボロ」などと表現する。子どもの心が「整理されている」と、学校の準備などの日常生活もスムーズに行える。そういった子どもは「きちんとしている」のに対し、整理できない子どもは、「まとまりがない」のだ。

臨床的にも「一体性」は大切なキーワードだ。精神や自我が強く、かつ柔軟であればストレスに耐えられるが、弱い場合は「断片化」する。左右の大脳半球と体の感覚運動システムがうまく統合されていれば、子どもはたやすく学べ、新しい刺激的な環境で成長し、同期した運動をすることができる。

しかし、感覚統合機能に障害を持つ子どもは、過剰な刺激を受けて混乱しやすく、効率の悪い動きをし、気分が不安定になる。

スクリーンタイムから開放された脳に起こること

実は、私たちの体には、「直感的にわかる部分」がある。統合と同期は、細胞から神経系、精神に至るまで、あらゆるレベルで起こるからだ。

細胞レベルでは、サーカディアン(体内時計)細胞が自然と同調していると、生体の「すべての細胞」が同調しやすくなり、ホルモンや臓器の機能もそれに追随する。同じように、ストレスホルモンが少ないと、心臓の電気的なリズムが整い、脳のリズムも整うようになる。

心身全体の問題として考えると、孤立した状態では何も生まれず、あらゆるレベルで統合することで、悪循環ではなく好循環を生み出すことができる。

つまり、脳がスクリーンタイムのストレスから解放されて、休息し、若返り、リセットされると、システム全体が整理され、統合され、機能するようになる。

スクリーンの使用を十分に制限していれば、私たちのシステムは同じ方向に向かって進み、バランスよく「川の真ん中」を流れることが多くなるのだ。

子どもが苦しむと、家族全員に悪影響がおよぶ。子どもが元気になれば、家族全員のストレスが減る。当然ながら、親が自分のスクリーンタイムに気を配るようになることで、家族の交流にも「よい影響」が出る。

そういった家族に見られる「よい傾向」について、次にリストにした。

・両親が子どもの将来を心配することが減り、子どもが大学進学、就職、自立などのマイルストーンを達成するという信頼が強い(またはそうなった)。

・家族が向き合い、あるいは一体となって充実した時間を過ごすようになり、会話が増える。

・子どもが、「親が一緒にいてくれない」「親がいつもパソコンを使っている」「親がいつもスマホをいじっている」と不満を言うことが少なくなる。

・親自身のストレスが減り、過労やほかの活動によって家族の時間を「避ける」ことが少なくなる。

・子育てのスタイルが違っても、両親は互いに上手にコミュニケーションをとるようになる。

・家族が互いをばかにしたり、おとしめたりすることが少なくなる。

・子どもは、何か心配なことがあったり、何か悪いことがあったりすると、親に伝えるようになる(SNSで問題を発信することが減る)。

・「親は自分が何をしているか知らない」「親は自分をコントロールできない」と子どもが感じることが少なくなる。

・親が子どもの周りを「びくびくしながら」歩かなくなり、子どもを叱ることを恐れず、子どもに「ノー」と言うことを恐れない。

・子どもはお金の仕組みを理解するようになり、親は行動に関係なくお金を与えたり、「必要なとき」に与えたりするのではなく、お金やお小遣いを「稼ぐ」意識を持たせやすくなる。

・兄弟姉妹が互いの健康に気を配り、互いの内面的な感情を理解して、同調するようになる。

ここに書いたようなポジティブな家族のあり方を、単にスクリーンの習慣のせいにするのは大げさに思えるかもしれないが、複数の研究データが、こういった見立てを裏付けている。

親子間の関わり合いに悪影響も

テレビやインターネットの利用に関する研究では、スクリーンタイムの長さが親子間の関わり合いに悪影響を及ぼすことが示されている。


また、ロールプレイを重視したゲームをすると、病的な愛着スタイルを身につけやすくなることがわかっている。

ほかにも、夕食時にテレビを見ないと家族の会話が増えることや、普段からスクリーンを見ずに一緒に夕食をとっている家族の子どもは、成績がよく、自尊心が高く、トラブルに巻き込まれる可能性が低いことがわかっている。

こういった研究データと、これまで述べてきたようなスクリーンタイムが感情の制御や思いやりや衝動のコントロールに影響を与えるということを合わせて考えると、「スクリーンから解放された家庭は、はるかに健康的に機能する」と理解するのは難しくないだろう。

(ヴィクトリア・L・ダンクリー : 精神科医・医学博士)