「電磁波攻撃を受けている」“謎の白装束集団”騒動から18年…パナウェーブ研究所はその後どうなった? から続く

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

 今から18年前のゴールデンウィーク。白装束に身を包んだ謎の集団に、日本中が注目していた。白い頭巾、白いマスク、白い長靴、そして白衣に身を包んだ集団が、白い車両20台ほどとともに岐阜県の林道を占拠していたのだ。その前年、ドライブ中に偶然白装束集団とすれ違っていた私は、テレビで彼らの姿を目にすると、すぐさまカメラを持って現地に向かった。

 2003年5月10日、彼らが福井県の本拠地へ帰還したことで、大騒動は幕を閉じた。だがそれからも、白装束集団はメディアの目を避けるように、ひっそりと活動を続けていたことは、あまり知られていない。彼らは一体何者だったのか。私がこれまで追いかけてきた白装束集団「パナウェーブ研究所」の“その後”について、最新情報も含めて報告したい。(全2回の2回目/前編から続く)


2003年当時の「パナウェーブ研究所」本拠地 ©鹿取茂雄

騒動の3ヶ月後に起きた傷害事件

 私が追いかけていた2003年5月の10日間、コンビニ等でパナウェーブ研究所の人たちとバッタリ鉢合わせることも何度かあった。やはり電磁波を気にしているのかと思いきや、彼らは普通に携帯電話で通話したりしていた。キャラバン隊の中には、教祖・千乃裕子氏の主張を信じている人もいれば、おかしいとは思いながらも仕方なく従って活動している、我々と変わらない感覚の人たちもいる――そのように感じた。

 千乃裕子氏にもぜひ会って話を聞きたかったが、彼女が車から降りることは一切なく、接触することはできなかった。

 5月10日には、日本中のメディアを騒がせた大移動が終わり、白装束集団は本拠地に落ち着いた。しかしその後、施設内では傷害事件が起きている。騒動の3ヶ月後、2003年8月に1人の信者が熱中症と外傷性ショックにより死亡し、後に別の信者5名が傷害容疑で逮捕された。

 また、2004年にはカラスに餌付けして、近所とトラブルにもなった。その度に一応報道はされていたが、扱いは小さなものだった。さらに時間が経てば、話題に上ることさえなくなっていた。

メディアの“熱狂”は正しかったのか?

 施設内で傷害事件が発生している以上、教団が抱える粗暴性は否定しない。しかし、キャラバン隊が活動していた当時、彼らは他人に危害を加えてはおらず、犯した罪といえば道路交通法違反だけだった。

 だが、多くのメディアは現場の声ではなく、警察庁長官の「初期のオウムに似ている」という発言ばかりを報じ、「おかしな恰好で、おかしな主張をする」彼らに執拗にカメラを向けた。そして、ついには我慢できずにキレた信者の様子を繰り返し放送した。林道を占拠したり、フロントガラスに渦巻き模様を貼り付けるというのは、確かに違法行為なのだが、一方でメディアの報じ方にも問題があったように思う。

 パナウェーブ研究所は1997年から全国行脚を続けており、2002年に私が遭遇したように、偶然彼らの姿を見かける人も少なからず存在していたようだ。しかし、今と違ってSNSが発達していなかった時代、おかしな集団を見かけたとしても、大きな話題になることはほとんどなかった。

 だが2003年に岐阜県で発見された際には、警察が介入したことで報道陣が押し寄せ、たちまち大騒ぎになってしまった。仮にこのとき、いつものようにひっそりと移動し、山梨県の施設に入ることができていれば、その後も世間から注目を集めることなく過ごせていたのではないだろうか。その点で18年前の騒動は、パナウェーブ研究所にとっても不運な出来事だったといえるのかもしれない。

翌年、本拠地を訪れると……

 私はそれからも定期的にパナウェーブ研究所の本拠地を訪れ、彼らの変化を追ってきた。2004年の夏には、ちょっと怖い目にも遭った。深夜に本拠地近くを通りがかったのでふと立ち寄ってみたのだが、近所の道路に車を停めたところ、施設内の動きが急に慌ただしくなったように感じられた。すると突然、サーチライトのようなもので照らされ、さらには懐中電灯の灯りが激しく揺れながらこちらに迫ってきた。

 急いで車を発進させて難を逃れたと思ったのも束の間、白い四駆車が猛スピードで追いかけてきた。あの「ストーカー車追跡中」と書かれた車だ。それから数キロほど追跡されたが、なんとか撒くことに成功した。

 その後、2005年にかけて本拠地全体は白い布で覆われ、施設の周囲には渦巻きのマークが貼られるようになった。白い布は徐々に拡大し、やがて施設周辺の立ち木にまで巻かれるようになっていった。

教祖の死が与えた影響

 しかし、2006年に千乃裕子氏が72歳で亡くなると、白い布は次第に減っていった。2007年の時点では、施設の周囲は白い布で覆われていたものの、立ち木に巻かれていたものは撤去され、渦巻き模様も消えていた。

 その後、大きな変化があったのは2009年のことだった。現地を訪れると、白い布はほぼ撤去され、パナウェーブ研究所の看板も下ろされていた。ここに至って、パナウェーブ研究所は自然消滅していたのだ。

新たに掲げられていた会社名

 一方、そこには新たに出版社の会社名が掲げられていた。調べてみると千乃正法会の書籍のみを扱う会社で、東京から移転してきたようだ。出版社ではあるが、実質的には千乃正法会と同一組織とみていいだろう。

 その関係だろうか、敷地内の空き地には新たな建物が建っていた。これまで大きな建物が一棟あるだけだったが、見える範囲で少なくとも4棟は増えていた。

 大きな求心力を持っていた千乃氏の逝去は、千乃正法会にも大きな変化をもたらしたようだった。

 一時期、あれだけ注目を浴びたパナウェーブ研究所だったが、騒動の6年後には姿を消した。現在も千乃正法会自体は存続しているものの、2003年当時には1000人以上いたとされる信者の数は、大きく減少していると推定される。

18年後の本拠地を訪ねてみた

 あれから18年が過ぎた今、現地はどうなっているのか。私は久々に福井県の山あいを訪ねた。元々静かな集落だったが、しばらく来ないうちにさらに廃屋が増え、よりひっそりとしていた。

 キャラバン隊の一行が一時期滞在していた小中学校は相変わらず休校のままで、校庭の様子も何も変わっていなかった。

 本拠地の前に着くと、以前と変わらず出版社の看板が掲げられていて、郵便受けには千乃正法会の名前もあった。白い布は皆無で、外から見る分にはごく普通の建物に見える。停まっている車両も数台ほどで、最盛期に比べると激減していた。

 私は呼び鈴を押して応答を待った。すると、中から1人の男性が出てきた。千乃正法会とパナウェーブ研究所のことについて話を聞きたいと申し出たが、こんな言葉が返ってきた。

「うちは一切関係ありませんので」

 にこやかな表情でそう言い放つと、「わざわざお疲れ様でした」と付け足した。「平穏に過ごしたいだけなんです」

 ポストに堂々と千乃正法会と書いておきながら、一切関係ないとはどういうことなのだろうか。そう思い、質問を重ねた。

「過去のことを言ってもしょうがないので。今はみんな通(かよ)ってきています。ここで平穏に過ごしたいだけなんです」

 その言葉から、現在も粛々と宗教活動は続いているが、集落の人たちとはトラブルもなく平和に過ごしていることがうかがえた。また、過去への後悔と、当時のメディアに対する不信感、そして、将来にわたって騒動は起こさないという決意のようなものを感じた。

 本当はもっと多くのことが聞きたくて訪れたのだが、今はこれ以上聞くべきではないと思った。1分ほどの短いやり取りを終え、お礼を言って本拠地を後にした。

 今後、何年か経ったら、また訪れてみようと思う。そして、過去について話してもらえる時が来れば、じっくりと当時の話を聞きたいと思っている。

(鹿取 茂雄)