2020年のインフル患者、例年の100分の1以下「消滅」状態に

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 2019年の11月第4週の患者数が全国で約3万人だったインフルエンザ
  • 20年の11月第4週の患者数はたったの46人で、例年の約100分の1以下
  • もはや「インフルエンザは消滅した」といってもいいほどだと筆者は述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x