横浜市の中区役所に届いた「竈門炭治郎」からの寄付に添えられていた手紙(同区役所提供)

 横浜市は10日、映画が大ヒット中のアニメ「鬼滅の刃」の主人公「竈門炭治郎」を名乗る人物から、現金3千円の寄付があったと発表した。「世界中の子供達が笑顔でむかえられるクリスマスが来ますように」と書かれた手紙が添えられており、担当者は「善意の気持ちを大切に使わせていただきたい」と話している。

 市によると、現金は2日午前11時40分すぎ、中区役所に郵送で届いた。同封された手書きの手紙の最後には炭治郎と共に、アニメ「プリキュア」シリーズの人気キャラクター「星空みゆき」の名前もあった。寄付は社会福祉協議会を通じ、児童福祉に役立てられる。