柴咲コウ(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

「5年ぶりの民放ドラマ主演」で注目を集めている。10月10日スタート予定の連続ドラマ「35歳の少女」(日本テレビ系土曜夜10時)で主演を務める柴咲コウ(39)。

米倉涼子、柴咲コウら独立の背景に公取委の強力な“後ろ盾”

「柴咲の主演というだけで話題性は十分ですが、『家政婦のミタ』や『同期のサクラ』を手がけた遊川和彦氏のオリジナル脚本、脇に坂口健太郎や橋本愛といった人気の若手や、田中哲司、鈴木保奈美といったベテランを配した“完璧な布陣”です。『半沢直樹』ブームのおかげで視聴者の“ドラマ回帰”も進んだ。それだけに高視聴率が期待されています」(テレビ誌ライター)

 柴咲が演じるのは、1995年、10歳の時に不慮の事故に遭い、25年間病院で眠り続け、2020年、奇跡的に目を覚ました心は10歳の少女、体は35歳の大人という、かなりの“難役”だ。

「柴咲さんは演技派というよりスター性が勝っていますからね」と、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がこう続ける。

「整った顔立ちや気位の高そうな雰囲気など、柴咲さんは最近では珍しくなった“ザ・女優”というタイプです。もちろん演技もうまいんですが、それより〈また見たい〉〈もっと見たい〉と思わせる不思議な力がある。今春からNHKのドラマにチラチラと出ていますが、ファンにとっては不完全燃焼でしょう。それだけに『35歳の少女』はまさにファン待望の連ドラで、注目度が高まるのも分かります」

 視聴率競争の“本命”と目されているのだが、こんな声もある。

■“3つの顔”を持つ

 今年3月に所属事務所を円満退社し、4月から独立した柴咲は女優、歌手、そして2016年に設立したアパレル事業などを手がける「レトロワグラース」の経営者という“3つの顔”を持っている。

「万が一にも今回のドラマがコケたら、ますます柴咲はビジネスに注力するようになるのでは、なんて見方もある。人気女優の石田ゆり子も5日放送の情報番組で、裏方の仕事に興味があるみたいな話をしていました。海外では珍しくもありませんが、最近は日本でもリスクを考えてか、好感度が高い主役級でも、女優業だけに執着しないタイプが増えてきているように感じますね。そもそも柴咲は〈芸能界に興味はない〉と漏らしていたこともあるそうです」(芸能プロ関係者)

 柴咲は8月5日に39歳になったばかり。「女性自身」(8月18・25日合併号)は〈「私の会社守る」結婚封印で臨む「30代最後の1年」〉などと報じていた。何でも柴咲は、コロナ禍の影響をモロに受けた自分の会社を守るためもあってか女優業への意欲を燃やしているというのだが……。

 ファンはヤキモキさせられそうだ。