TOKIOの元メンバー山口達也容疑者が酒気を帯びた状態でバイクを運転し車に追突したとして逮捕された事件で山口容疑者の呼気から基準値の5倍近くのアルコールが検出されていたことがわかった。

【映像】移送される山口容疑者の様子

 警視庁によると山口達也容疑者(48)は、午前9時半ごろ練馬区桜台の交差点で酒気を帯びた状態でバイクを運転し信号待ちをしていた車に追突した疑いがもたれている。この事故によるけが人はいなかった。

 その後の捜査関係者への取材で山口容疑者の呼気を調べたところ基準値の5倍近くにあたる1リットルあたりおよそ0.7ミリグラムのアルコールが検出されていたことがわかった。

 山口容疑者は友人の家へ行く途中だったと話していて、「お酒を飲んでバイクを運転し、事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているということだ。(ANNニュース)