欅坂46で女優の平手友梨奈が、8日に放送されたTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』(毎週月曜〜木曜25:00〜26:00)に出演し、秋元康氏と交換日記をしていたことを明かした。

平手友梨奈


欅坂46時代の楽曲を振り返り、平手は「『なんで自分の今思っていることがこんなにわかるんだろう? 秋元さんなんで?』と思うこともありました」と語り、「秋元さんと連絡先を交換したとき、1番最初に『毎日交換日記をしよう』って言われて、そこから始まりましたね」と明かした。

対談相手として出演した、秋元氏とも親交のあるロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎は「それは全ファンが気になる交換日記ですね」と、どんなやりとりをしていたのかと尋ねた。

平手は「『今日こんなことをしたんですけど、こう思いました』とか『こんな人がいて。でも自分はこう思いました』とか。だんだんそれが慣れていって、道を歩いていてトカゲがいたら、それを撮って送ってみたいな(笑)。『友梨奈と連絡しているときは小学生の男の子と連絡しているみたいだ』みたいなのが即返ってきたりして」と説明した。

野田は「完全にニヤニヤしながら返してるよ、秋元さん。想像つくな(笑)」と言い、「きっと楽しいだろうな。そこで受けたインスピレーションで秋元さんは歌詞を書いたりして、手紙のやり取りのようでもあるんだろうな」と推察した。

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。