東出は私生活で変化が

写真拡大

 杏(34才)と東出昌大(32才)が8月1日、連名で離婚を正式発表した。世間を騒がせた東出の不倫発覚から半年以上を経て、ついに結末を迎えた。

【写真】杏は別荘地の林道を子供を連れ、タイトなロンT、ゆったりパンツ姿で歩く

 子供のことを思い、一時は復縁の可能性も報じられていたが、それでも杏が離婚を決意したのは、東出と唐田えりか(22才)との不倫だけが理由ではないという。

「もともと東出さんは家事や育児に非協力的で、家のことはすべて杏さん任せ。それでいて自分は夜遊びを繰り返し、自力で歩けないほど酔っ払って帰宅することも頻繁にあったそうです。

 さらに唐田さんのほかにも数人相手がいたという話もあります。杏さんは、唐田さんとの騒動発覚後、周囲に“これまでさんざん許してきた。でも、もう許すことはない”と語っていたそうです」(杏の知人)

 拒絶された東出には、最近、小さな変化があった。

「騒動後、東出さんは実家に身を寄せていましたが、ついにその家を出たそうです。実家で暮らすお母さんは、会見場まで迎えに来たり杏さんに電話をかけたりと、かなり労を買って出たようです。東出さんとしても、これ以上迷惑をかけたくないと考えたのでしょう」(映画関係者)

 自らの行動によって独り身となり、実家も出た東出はどこへ行くのか。行き着く先に、唐田の姿はあるのだろうか。

「唐田さんは相変わらず雲隠れの日々を続けています。だいぶ罪の意識にさいなまれていたようですが、周囲は彼女の復帰を諦めていませんし、彼女自身にも『もう一度』という思いがあるのではないでしょうか。

 それは、仕事についてだけではありません。東出さんは、騒動後も彼女のことをかなり気にしていましたし、離婚したことで正式な交際が始まるのでは、という人までいるくらいです」(芸能関係者)

※女性セブン2020年8月20・27日号