小田急・新宿駅で社員の感染が判明 駅員の半分が自宅待機に

ざっくり言うと

  • 小田急電鉄の新宿駅に勤務する男性社員が新型コロナウイルスに感染した
  • 26日に陽性と判明したのは、地下改札口や精算窓口で勤務する30代の男性社員
  • 駅員の半数にあたる62人が濃厚接触者として27日から自宅待機になっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x