ディズニー・オン・ブロードウェイのスター9人が集結(画像は『Good Morning America 2020年4月12日付Facebook「While Broadway is dark, the Disney on Broadway family performs emotional rendition of Alan Menken’s “Go the Distance.”」』のスクリーンショット)

写真拡大

ディズニーが誇る「ディズニー・オン・ブロードウェイ」のスター9人が、オンラインアプリ「Zoom」で集結し、米ABCの朝のテレビ番組で名曲『Go the Distance(ゴー・ザ・ディスタンス)』を披露した。ブロードウェイの灯が消えて1か月、彼らの美しい歌声は世界中の人々に“希望”を届けて拡散している。

【この記事の動画を見る】

ディズニーが誇る演劇・ミュージカル制作会社「ディズニー・オン・ブロードウェイ」が手掛けるブロードウェイショーは、ディズニーの名曲の数々を豪華キャストが圧倒的なパフォーマンスと歌唱力で披露する、世界でも最高レベルのミュージカルショーとして知られている。

そのブロードウェイスター9人が今月9日、全米の食料支援プログラムに従事する全ての人々に敬意を表し、経済的に困窮する家族を支援する“アンセム(賛歌)”を世界に発信するため、オンラインアプリ「Zoom」で集結した。朝のテレビ番組『Good Morning America(GMA)』に出演した9人は、ディズニー長編アニメーション映画『ヘラクレス』(1997年公開)の主題歌『Go the Distance(ゴー・ザ・ディスタンス)』を時にはソロで、時には見事なハーモニーを奏でながら、情感のこもった圧巻の歌声を披露したのだった。

『ゴー・ザー・ディスタンス』は『リトル・マーメイド』、『美女と野獣』、『アラジン』、『ポカホンタス』などディズニーの名曲を次々と生み出したアラン・メンケン氏の作曲によるもので、引退したスターを含むディズニー・ブロードウェイ・ファミリーの9人が、それぞれの自宅から世界中の人々に向けて力強いメッセージを届けた。

パフォーマンスを終え、『GMA』のインタビューに応じたライアン・マッカータンさん(Ryan McCartan)は「とても感情的になったよ。Zoomで集結して歌うなんて、いつもとは全く違うからね。でもこれがブロードウェイコミュニティの強さだ。この歌は“希望”なんだ。私たちが必要なのは希望だよ…。このパフォーマンスには、みんなで心をひとつにすれば、きっとこの状態を乗り越えられるというメッセージが込められているんだ」と語っている。

このパフォーマンスには「圧巻。涙が出た」「スタンディングオベーションだ!」「ブラボー! ブロードウェイ」「鳥肌が立った」「なんて美しいの!」「力強い歌声に感動したわ」といった声が多数あがっており、動画は投稿から15時間で視聴回数が390万を超えている。

「ディズニー・オン・ブロードウェイ」は昨年11月、ブロードウェイ進出20周年を迎えていたが、ブロードウェイの全ての劇場が先月12日から閉鎖されている。当初は1か月間の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大により6月7日までの延長が決定したばかりであった。

なお、パフォーマンスを行った9人は以下の通りである。

ヘザー・ヘッドリーさん(Heather Headley)『ライオン・キング』『アイーダ』
シアラ・レネーさん(Ciara Renee)『アナと雪の女王』『ノートルダムの鐘』
ジェラニ・アラディンさん(Jelani Alladin)『アナと雪の女王』『ヘラクレス』
L.スティーブン・テイラーさん(L.Steven Taylor)『ライオン・キング』
エイドリアン・ウォーカーさん(Adrienne Walker)『ライオン・キング』
マッケンジー・クルツさん(McKenzie Kurtz)『アナと雪の女王』
ジェームズ・モンロー・アイグルハートさん(James Monroe Iglehart)『アラジン』
マイケル・ジェームス・スコットさん(Michael James Scott)『アラジン』
ライアン・マッカータンさん(Ryan McCartan)『穴と雪の女王』

画像は『Good Morning America 2020年4月12日付Facebook「While Broadway is dark, the Disney on Broadway family performs emotional rendition of Alan Menken’s “Go the Distance.”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)