リスクモンスターはこのほど、第6回「就職したい企業・業種ランキング」の調査結果を発表した。同調査は、2021年3月卒業予定の大学3年生男女個人を対象に実施したもので、有効回答数は393。

ランキング第1位は「地方公務員」(回答率26.7%)だった。これに、「国家公務員」(同16.8%)、「グーグル(Google)」(同9.2%)が続いている。トップ3は、前回の調査とまったく同じ結果となった。

第6回「就職したい企業・業種ランキング」トップ20 資料:リスクモンスター

業種としては、飲食料品製造業がトップ20に6社(味の素、明治、キユーピー、森永乳業、日清食品、サントリー)がランクインしており、最も多い結果となった。

そのほか、医療関連(日本赤十字社、大塚製薬、武田薬品)、IT関連(グーグル(Google)、アマゾン(Amazon)、LINE)が3社ランクインしており、学生にとって日常生活で身近な商品・サービスを扱っている企業に人気が集中する結果となった。

また、文系・理系別に集計したところ、共に「地方公務員」(回答率 文系25.0%、理系28.6%)、「国家公務員」(同 文系12.0%、理系22.2%)がトップ2を占めた。

第6回「就職したい企業・業種ランキング」(文理別) 資料:リスクモンスター