固定電話が怖い、苦手だという人が増えている。ある調査によると、会社の固定電話にかかってくる電話が「イヤ、ストレスだ」と感じる人が62.42%もいて、とくに東京の20歳から34歳の若い世代は71%だった。街で聞いたある20代の男性がこのように答えた。「(固定電話は)めちゃくちゃ苦手。文字を打つことに慣れすぎちゃって。話すというコミュケーションをあまり取りたくない。顔も見えない相手と電話するのは、めちゃ怖い」

産業カウンセラーの大野萌子さんは、「電話に出る、もしくは出ようとすると、心身症状を伴う苦痛を感じることを電話恐怖症と言います。心臓がドキドキするとか、電話の音が鳴っただけでビクッとしてしまう。体が震えてしまうという症状が出ることも多いです」と話す。客や取引先からのクレームや暴言などで、電話で仕事が手につかず、退職に追い込まれる人もいるという。

家の電話も経験なし!?親から「掛かってきても出るな」

固定電話が苦手な人が増えた理由について、大野さんは「固定電話がない家が増えてきて、あっても、『知らない人からかかってきても出ちゃだめよ』という家庭が多くなり、電話に出ることを経験していない」と指摘する

固定電話を廃止する会社も出ている。問い合わせはすべてメールにしたところ、無茶な要求はなくなり、作業効果がアップしたという。

キャスターの立川志らく「固定電話のプラス面、何かありますか」

高橋知典(弁護士)「(問い合わせなどで電話したとき)人が出てくると安心しますよね」

司会の国山ハセン「災害時に役立ちます」