バチェラーからもう一つの結末を聞いてやさぐれる指原莉乃(イラスト/ヨシムラヒロム)

写真拡大

「私なら訴えます!」と叫ぶ指原莉乃のスポットCMが印象的な『バチェラー・ジャパン』シーズン3(Amazonプライム・ビデオ)が完結を迎えた。過去のシリーズでは、バチェラーと最後に選ばれた女性のカップルを見守る穏やかな雰囲気がネットにも広がったが、今回は指原のように怒りをあらわにするコメントがSNSにあふれている。というのも、3代目バチェラー・友永真也氏が、運命の女性として選んだはずの女性と別れ、最終決断で選ばなかったほうの女性と交際を始めたと特番で明らかにしたからだ。「過去最高傑作」とシーズン3を評価するイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、なぜ友永氏が歴代最高のバチェラーとなったのかについて考えた。

【写真】MCを務める今田耕司、藤森慎吾と指原莉乃の温度差も番組の魅力

 * * *
 10月26日、『バチェラー・ジャパン』シーズン3の最終話が配信された。過去2シーズンを観てきたが、最も衝撃的な結末だった。『バチェラー』とは、理想の独身男性(バチェラー)との交際を望む美女たちをふるいにかけ、最後に残った一人がバチェラーと真剣交際を始めた時点で終了する番組。この基本フォーマットを揺るがす事態が発生したのである。

 シーズン3のバチェラー友永真也が最終決断の相手として選んだのは岩間恵、水田あゆみ。競馬に例えると、一目惚れされた岩間が本命、元ホステスという経歴ゆえのハンデがある水田が対抗といったところか。結末は、友永に対して健気に尽くし続けた水田が大外からまくって勝利を飾った。

 視聴者にとって理想のオチである。まぁ、ここまでは僕も大いに満足していた。しかし、問題はその後である。幸せな結末のあとに、もう一つの結末があった。本来なら「結婚に向けて、真剣交際をしています!」と報告するエピローグにて発表されたのは、友永と水田が1ヶ月後には破局していたという事実。そして、最後に選ばなかった女性・岩間と交際中という予想できない顛末だった。

 なんとも気持ちよくないカップルである。『バチェラー』史上、最も応援できない2人はこうして誕生した。

『バチェラー』とは何か、僕は過去に数多く制作されたシンデレラストーリーの再現だと考えている。ただ、この世知辛い世の中で「金持ちと美女の恋」をテーマにした映画やドラマは現実味にかける。ゆえにリアリティーショーといったカタチでリバイバルされる。

 青春時代をパリで過ごしたボンボン・友永と実家に金を入れるために北新地で働いた苦労人・水田が結ばれる。フィクションならできすぎた結末。ため息も漏れるが、成就するまでの経過を知るリアリティーショーならば不思議と諸手を上げ、ハッピーエンドを喜ぶことができる。

『バチェラー』は友永目線だと豪華な婚活だが、女性目線では一人の男性を争う群像劇となる。一つのボールを追いかける球技のように、一人の男性を追いかける。どこかスポーツライクな側面を持つ。観ているなかで特定の女性に感情移入し、応援しがち(この傾向は同性の女性に顕著に現れる様子)。シーズン2からスタジオメンバーとなった指原莉乃もサポーター的な視点で『バチェラー』を語っていた。

 指原は苦労人タイプを応援し、ピュアタイプをディスる対象としてきた。シーズン3ではシングルマザーの女性が指原の“推し”だった。かなり勝ち進んだが、“推し”は途中で落選。以降、指原は水田を応援していた。指原自身、アイドル界の本命ではない。自身を「ブス」と称し、邪道からセンターに成り上がったアイドル版矢沢永吉なんて存在。王道を好まず、アウトサイダーに自身を重ねるのだろう。

 ゆえにエピローグで友永から告げられた衝撃の結末に、指原は絶句。水田の悲劇に同情し、心を震わす。「2人の問題だから何も言えないけど……」と言ったものの、本気で怒っていた。番組上、キレたフリをする指原は何度も観たことがある。しかし、本気で腹を立てている彼女を目撃したのは初めてだった。

 友永と水田、といった応援できるカップル誕生の後に生まれた最悪の蛇足。真の結末を喜んでいるのは友永と岩間だけだろう。

『バチェラー』はある種のゲームである。終わればノーサイド、番組発のカップルを祝すのが参加女性のマナーだ。過去に配信されたシーズンは皆で勝者を称えた。しかし、シーズン3に関しては賞賛0。誰も消化できず、しんみりと番組は終わっていった。

 こうやって辛辣なことを書いてきたが、ここで告白をしたい。シーズン3配信当初、実のところ僕は友永のファンで。というのも、彼はわかりやすくサービス精神が旺盛な男だった。女性陣がバチェラーを楽しませる一辺倒の構図になりがちな番組に変革をもたらした。積極的に女性陣に話しかけ、場を盛り上げる。それに加え、曖昧な態度を取らない点も良かった。

 1代目、2代目のバチェラーは女性に「ワタシのこと好き?」と聞かれれば、必ず「好き!」と答えた。そのついでに頬にキッスもしていた。しかし友永は、女性から好意を断ちやすいように、別れるときのフォローは丁寧にするものの、思わせぶりな態度を控えていた。

 最終選考へ向かうにつれ自分と年齢の離れた若い女性を残し続けた1代目、2代目とは異なり、友永は自身に年齢が近い女性を残し続けた。そんな姿を観て、僕は「お前! 本当に結婚する気マンマンだな!」と大いに期待をしていたものである。

 だが、番組が終盤になるにつれて友永の調子がおかしくなっていく。それが顕著に現れたのが岩間、水田を自身の家族と面談させたエピソード9。

 それぞれを家族に紹介した後、友永は「正直な意見が聞きたいな」と持ちかけた。

兄「接しやすかった水田さん!」
母「パートナーとしてベストな水田さん!」
父「相性から言うと水田さん!」

 オール水田という回答に友永は「俺は家族のために結婚相手を決めるわけじゃない!」とキレた。自分から率直な意見を求めたにも関わらず、怒る大人の男は滑稽だ。その後の個別インタビューでは「人を比べるのは違う、僕は岩間さんが好きなのに……」と独白。友永の気持ちは岩間一直線、岩間への愛で身を崩しつつあった。

 振り返ってみると、家族に意見を聞いたのが間違いの始まり。親が何を言おうが、番組の趣旨がどうであれ、ただただ付き合いたい岩間を選んでおけば良かったのだ。そうすれば、番組のコンセプトそのものを否定するような事態は起こらなかったはず。初回で一目惚れをし、岩間に終始夢中だった想いがブレた末の悲劇だった。

 ここで思い出されるのが、「運命の相手を探す」といったコンセプトを持つ『バチェラー』発のカップルがシーズン1、シーズン2ともに早々と別れているという事実である。番組は運命論を押すが、どの結末も運命論の否定となっている。あれだけ選抜を重ねても呆気なく破局する。つまり、『バチェラー』とは大いなる茶番劇だといえる。

 大仰に叫ばれる「純粋な恋愛が結婚に向かうべき」といった番組上の建前を笑いつつ、本質は「男女には色々あるよね」そのゴタゴタが観たい! と願う人が楽しめるコンテンツ。そもそも恋愛リアリティーショーの愛好者には「くだらない番組をよく観られるね」といったヤジが飛ぶことが多い。いや、こっちは「くだらない」から観ているのだ。ここで反論をしておく。

 とは言っても、今回の“本当の結末”を観せられたときには、流石に付き合いきれないと思ったのも本音。「選んだけど、やっぱ変えた!」という友永の煮え切らない態度には少々イラついた。コチラも長い時間を割いて鑑賞している。結末が番組外で起きることに由来するならば、茶番も過ぎる。『バチェラー』愛も冷めてくる。番組終了直後、僕が持った感想だ。

 ただ不思議なことに、日が経つごとに友永への怒りが消えていったのも事実だ。2人は応援できないが、茶番劇と考えている番組にムキになってどうするの? という気もしてきた。こうやって熱量込めてコラムを書いている時点で、僕は友永のルール違反に感情を揺さぶられているわけで……。異なる目線で見直せば『バチェラー』を楽しませてもらっていることになる。

 確かに友永は人として最低なことをしたのかもしれない。しかし、番組を盛り上げたという点では当初の見立て通り過去最高のバチェラーだったのではないか……。

 常々思っているのだが、恋愛リアリティーショーの本編は配信される動画ではない。本編は動画で起きた出来事に対し、視聴者同士が語り合う場にある。つまり、出演者の貢献度は語るべき素材を提供した多さで測るべきだ。そういった場合、友永の貢献度の高さはシーズン1、2のバチェラーと段違い。大量の語るべき素材を提供しているではないか! やはり『バチェラー・ジャパン』シーズン3はシリーズ最高傑作であり、やはり友永は最高のバチェラーだった。