ロレックス人気モデル購入に身分証の提示必要に 同一モデルは5年間購入不可

写真拡大

 ロレックス(ROLEX)の正規販売店で、ついに11月1日から人気モデル購入に関して正式に購入制限を設けられたことがわかった。対象となる店舗は免税店を除く日本全国67の正規販売店。これからは購入時に顔写真付きの身分証明書の提示が必要で、購入した同一モデルは5年間、他人気モデルは1年間購入不可となる模様。

【画像をもっと見る】

 購入制限の対象モデルは全てステンレス素材のプロフェッショナルモデルで計12種。対象となったのはコスモグラフ デイトナ(Ref.116500LN)、サブマリーナー(Ref.114060)、サブマリーナー デイト(Ref.116610LN、Ref.116610LV)、シードゥエラー(Ref.126600)、ディープシー(Ref.126660)、GMTマスター供Ref.116710LN、Ref.116710BLNR、Ref.126710BLNR、Ref.126710BLRO)、エクスプローラー(Ref.214270)、エクスプローラー供Ref.216570)と常に店頭に並ばないと言われている人気モデルばかり。ステンレス素材のヨットマスター供Ref.116680)、エアキング(Ref.116900)、ミルガウス(Ref.116400GV)と、ステンレス素材以外のプロフェッショナルモデルは対象外となる。例えば、コスモグラフ デイトナの白文字盤を購入した場合、5年以内は同一品番の黒文字盤を含むステンレスのデイトナは購入不可、また上記他モデルも1年間購入できないという形になっている。

【あわせて読みたい】伊勢丹ウォッチショップが大規模リニューアル ロレックス店舗の入荷告知が絶望的と話題

 今回の取り決めでは、上記モデルを購入時に顧客が記載した名前と生年月日を日本の特約店同士が共有。在庫があった場合はシステムから該当者でないことを確認してから販売する方針。なお、「本件には日本ロレックスは関与していない」といい、特約店と呼ばれるロレックス正規販売店を運営する20の会社の中での独自の取り組みとなる。多くの店舗が2019年11月1日から導入を開始したが、一部店舗は告知のみの段階で導入時期については未定としている。