カラテカ入江慎也(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 カラテカ入江慎也(42)の“闇営業”仲介による契約解除騒動は一向に収まる気配がない。詐欺グループの忘年会とは知らず、金銭も受け取っていないものの入江に声をかけられ、詐欺グループ開催の忘年会に参加したと口を揃える雨上がり決死隊の宮迫博之(49)やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら出席者に対し、ダウンタウンの松本人志(55)は9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜10時)で「正直言うと、僕はですよ、ないと思いますね。何らかのお金は多分出ているとは思う」と持論を展開。入江以外の出席者の処分については、「吉本興業が決めること」と明言を避けたが、今回の一件は4年半前、14年12月に行われた案件がマスコミに報じられたことを受けての事態である。

カラテカ入江は即解雇 吉本芸人に蔓延する“闇営業”の実態

 同事務所に所属する一部の芸人たちは行く末を固唾をのんで見守っているという。

 中堅芸人のひとりがこう漏らす。

「ここ数年、吉本は“闇営業”を黙認してるところがありました。マネジャーはじめスタッフが圧倒的に少なく、オファーがきても処理しきれず、結果、逃した営業は数知れない。仕事を打診した先から“どういうことだ”と芸人本人にクレームが入ったケースも一度や二度ではありません。なので、吉本が共同事業などを行っている企業の競合他社や黒い関係以外であれば、芸人直で営業を受け、ギャラの支払いだけ事務所を通せばOKという流れにはなっていました。若手や中堅対象とした研修の際に配られるアンケート用紙には〈プライベートで付き合いのある企業、社長などいたら記入。紹介してください〉といった項目ができて、芸人の間では“ついに俺らを営業に使うようになったか”とネタにもなってましたからね。とにかく、真面目な芸人はギャラの窓口は事務所にしてましたが、そればかりではない。“事務所は一切タッチせず、自分がゲットした営業なんだから”と闇営業しまくる芸人が出てくるのはある意味、自然の流れ。一時は爆笑オンエアバトルなどで人気を博し、バラエティー番組にも引っ張りだこだった某コンビはその最たるもので、地元で闇営業しまくってましたよ」

 今回は火種となった入江だが、事務所にも相当な利益をもたらし、黙認されているところもあったという。それでも最近は「怪しい人脈との遊びが過ぎるから入江案件は関わらないほうが無難と一部芸人の間ではもっぱらだった」(前出の中堅芸人)という。

 反社会勢力との交流は、相手の素性を知らなくても、4年以上前でも即、クビ――。“入江基準”適用ならクビの山が築かれる。