5000万年ほど前のクジラやイルカは4本足だった 南米で初の発見

ざっくり言うと

  • 4本足のクジラの化石が南米ペルー南岸のピスコ盆地で2011年に見つかった
  • インドなどでも見つかっているが、南米や太平洋での発見は初めてだという
  • 研究チームは4日の学会誌で、鯨類は5000万年ほど前は4本足だったと発表した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x