週間天気 異様な暖かさの後、真冬並みの寒気襲来

2018/12/02 05:25 ウェザーニュース

■ この先1週間のポイント ■

・日差しの乏しい一週間に・週明けは20℃超まで気温上昇・次の週末は今季これまでで一番強い寒気が南下

日差しの乏しい一週間に

明日3日(月)以降は、全国的に曇りや雨、雪の日が多くなります。特に、低気圧や前線が通過する3日(月)〜4日(火)と、6日(木)〜7日(金)頃は雨や雪が降るところが多くなりそうです。前線の近くでは雨が強まったり、雷雨となることもあるため注意をしてください。

週明けは20℃超まで気温上昇

3日(月)から4日(火)にかけては、北海道の北で発達する低気圧に向かって暖かな空気が南から流れ込むため、各地で気温が上昇します。西日本や東日本では、日差しがなくても20℃を超えるところが多くなり、季節外れの暖かさになる予想です。また、北日本もこの時期としては異様な暖かさとなるため、雪が積もっている地域では、雨や融雪による路面状態の悪化にご注意ください。

次の週末は今季これまでで一番強い寒気が南下

週後半の7日(金)頃からは本格的な冬型の気圧配置となり、今シーズンこれまでで一番強い寒気が南下する可能性が高まっています。平地でも雪が降る目安とされている、上空1500メートル付近でマイナス6℃以下の寒気に西日本全体が覆われる見込みです。このため、8日(土)は山陰の都市部でも雪となる可能性があります。寒気の強さや、ピークのタイミングなどは、まだ予測が変わる可能性があるため、今後も最新の天気予報を確認するようにしてください。全国的に、週前半に季節外れの暖かさとなった後、急激にこの時期らしい寒さに戻る可能性があります。気温の変動が大きい1週間となりますので、体調を崩さないよう注意をしてください。