なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。

気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐことはできませんし、最近では貼るタイプの液晶保護ガラスもたくさん販売していますが、貼り直しができないので失敗できなかったり。

ですが「INDIEGOGO」でクラウドファンディング中の「ProtectPax」は、簡単なのに強固で、お手頃価格なんです。一体どんな仕組み?

ハンマーもハサミも関係なし!
「アンチスクラッチ」

「ProtectPax」は酸化チタンナノ粒子が含まれていて、サファイアやルビーといった宝石に近い硬度9H(※国内は6Hまで)で、現在製造することができるなかでももっとも高い硬度だとか。

ハサミやカッターのような刃物でも傷つきにくく、最大6kgの衝撃にも耐えられるので、ハンマーを使っても割れにくくなるのだとか。

もちろん、地面に落としたくらいではほぼ無傷でしょう。

さらに、誤って水をこぼしてしまっても大丈夫。撥水効果もあるので、表面のコーティングが水を弾き、浸水を防ぎます。

使い方はとっても簡単

電源を切った状態でアクセサリー類をすべて外し、「ProtectPax」のクリーニングクロスで、細かい汚れを除去します。

次に保護したい面に液体ガラスを塗布して、シーリングクロスを使って均一に広げます。

10分ほど乾かしたあと、乾いた布で拭きあげたらおしまい!

簡単、長寿命、低価格がウリ

通常の保護シールは、貼るのに失敗して空気が入ってしまったり、内側が汚れて画面が見づらくなってしまうこともありますが、その心配はナシ。また、保護シールはタッチパネルの反応が悪くなるものもありますが、その心配もナシ。

さらに、スマホのカメラレンズ部に使うと、光学フィルターとしても機能して、写真や動画がよりキレイに撮れるんだそう。

一回の塗布で効果は約1年間。「INDIEGOGO」での値段は、Early Birdで1パック15ドル(約1,700円)からと、意外にリーズナブルなのも嬉しいところ。

スマホだけでなく、ノートパソコンやタブレット、時計、カメラ、メガネなどにも使えるそうですよ。これを使えばもう、スマホの液晶を割って修理にお金がかかってしまう心配はなさそうですよ。

※本記事では、一部誤解を生む表現があったため訂正を加えております(2017/03/06 13:00)

Licensed material used with permission by ProtectPax