年内リリースが見込まれているApple Watch 2ですが、タッチパネルに用いられる技術を従来のものから変更することによって、バッテリー容量を向上させている可能性があることが分かりました。

更なる薄型化・軽量化が可能に!

サプライヤー情報に詳しいニュースサイトDigiTimesによると、Apple Watch 2のタッチパネルには新たにOGS(One Glass Solution)と呼ばれる技術が用いられるそうです。
 
現行の初代Apple Watchで採用されている、2枚のガラスを重ね合わせるG/G(Glass on Glass)技術とは異なり、カバーガラスとタッチセンサー両方の役目を1枚のガラスに担わせられる点が特徴です。
 
新たにOGS技術を用いたタッチパネルを採用することで不具合を起こす可能性を指摘する向きもありますが、筐体の薄型化・軽量化が図れるだけでなく、空いたスペースをバッテリーにあてることによって、駆動時間の向上が見込めることは、ユーザーにとって大きな朗報でしょう。

様々な噂が飛び交う次世代Apple Watch

Apple Watch 2の詳細なスペックについては、現時点で分かっておらず、9〜10月のリリースに向けて、すでに出荷準備が整い始めているとされるものの、iPhone7と異なり、それらしいリーク画像などは今のところ登場していません。
 
ただし、先述したようにバッテリーの持ちが改善されるとの見方に加え、micro-LEDディスプレイの採用、GPS機能の付与や防水機能の向上、LTE通信に対応することなどが噂されています。
 
 
Source:Apple Insider,DigiTimes
(kihachi)