新国立競技場 4割近い950億円が屋根の部分にかかると判明

ざっくり言うと

  • 7日、新国立競技場の建設計画について総工費2520億円の内訳が提示された
  • 同競技場のアーチ状の屋根部分には、950億円が必要だということが判明
  • そのうち約400億円は鉄の調達費用にかかると説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング