10代で父親 精子の突然変異が原因で子供に健康問題が生じる可能性

ざっくり言うと

  • 「10代で父親」は精子の突然変異リスクが高まるとする研究結果が発表された
  • 10代の父親の子どもにおける先天異常の発生率は約2%だという
  • 最近の研究では、45歳以上の父親の精子は質が低下する証拠も示されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング