元時事通信社特別解説委員で政治評論家の加藤清隆氏が、21日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)に出演し、朝日新聞の木村伊量(きむら ただかず)社長から絶交されたことを明かした。

同番組はこの日「朝日新聞 大検証・大激論SP!」と題し、加藤氏のほか、産経新聞編集委員の阿比留瑠比氏、元朝日新聞ソウル特派員でジャーナリストの前川惠司氏、月刊「WiLL」編集長の花田紀凱氏らを迎えて、議論が交わされた。

番組冒頭で朝日新聞による慰安婦報道をまとめたVTRが流れ、画面がスタジオに切り替わると、司会の辛坊治郎氏は「重大な発表をするのを忘れておりました」と切り出し、加藤氏を改めて紹介。「実は本日お越しの時事通信社だった加藤清隆さんはですね、今日の番組収録のために時事通信社に辞表をお出しになられました」と明かした。

加藤氏は、辞表を出した理由について聞かれると「木村社長の関係のこともしゃべらないといけないんですが。とにかく後顧の憂いなく、洗いざらいしゃべるために関係を切ってきた」と説明。スタジオからはよどめきと、大きな拍手が起こると「拍手を頂くような話じゃないんですけども」とコメントした。

加藤氏は番組中、朝日新聞の報道姿勢について議論になると、「誤報っていう言い方は止めた方がいい。誤報っていうのはミステイクでしょ。違う。これは捏造です」と発言。

また、朝日新聞が慰安婦報道の検証記事を掲載した日の夜、木村社長と会い、「一面での謝罪」や「社内処分」を行うよう求めたものの、断られたことについても言及。辛坊氏が「その後、木村社長との関係はどうなんですか?」とたずねると、加藤氏は「絶交されました」と明かした。

加藤氏は、8月放送の同番組に出演した際も、木村社長とのやりとりを語ったが、その影響は大きかったようだ。共同通信出身の評論家から「木村は可哀想、お前が余計なことを言うからこんなことになったんだ」などとバッシングされたことも明かした。

時事通信社に辞表を提出しての出演となった今回、加藤氏は「はっきり言いますよ。辞表出したから」と力強く語った。

【関連記事】
慰安婦の虚偽報道めぐり朝日社長が謝罪を拒否「歴史的事実を変えることはできない」
カンニング竹山、慰安婦報道に持論を展開
尾木ママが朝日新聞の謝罪会見に苦言 「捏造されたのでは新聞の使命は終わりです」