茂木健一郎氏

写真拡大

11日、脳科学者の茂木健一郎氏が、Twitterで「ネトウヨ」とよばれる人々に対する批判をつづった。

この日、茂木氏は、「『戦争できる国』になるため憲法解釈をこねくり回す暇があったら、『戦争を回避できる国』になれる外交力を磨いて欲しい」という新聞のコメント記事を引用し、「その通りだね」とTwitterに投稿。続けて「政治的リソースを割く先を、明らかに間違っている。やるべきことは他にたくさんあるよ。」と持論を展開していた。

こうした意見には、ユーザーから様々なコメントが寄せられたが、茂木氏は批判めいたものが気になったのか、その後「TLを見ていると、頭悪いやつが多くて本当に驚くね。びっくりするレベル。頭の悪いやつに限って、威勢がいい。そんなに威勢がいいんだったら、他人に迷惑をかけずに、自分でぜんぶやればいいのにと思う。」と投稿。

さらに「これだけ威勢がいいんだから、ネトウヨ志願兵だけによる、ネトウヨ部隊つくればいい。きっと、外交努力も話し合いもムダとばかり、『美しい日本』を守ってくれることでしょうよ。」と、「ネトウヨ」に対して皮肉めいた言葉を投稿した。

また、茂木氏は「国として、国際社会の中で安全を図るためのさまざまな配慮をするのは当たり前。しかし、外交はそのための最大の武器である。近隣諸国と首脳会談もできないような指導者は、その時点で失格。そのような指導者を支持する威勢のいいやつらは、本当はバカで、真の国益などわかっていない。以上。」と、安倍晋三首相がG7サミットの前にアメリカのオバマ大統領に会談を拒否されたことを揶揄するかのようなコメントも投稿している。

さらに、「ネトウヨ」に対して「まず、総理から前線へ。 この名作ポスターの 修正版が必要やな。」とという言葉とともに、1982年に糸井重里氏がコピーを手がけた反戦広告の画像を投稿。「『まず、ネトウヨから前線へ』 しかし、よく考えてみろよ、ネトウヨ諸君。きみたちが熱を上げていることって、本当に人生のエネルギーを注ぐに値するのか?」と、挑発的な言葉を投げかけている。








【関連記事】
脳科学者・茂木健一郎氏が「アナと雪の女王」の問題を指摘 「タイトルには、イイネと言いにくいものを感じる」
茂木健一郎氏、Twitterで小保方晴子さんの採用を巡る報道に怒り 「君たちのその報道姿勢が、日本のイノベーションを妨げているといい加減気づけ!」
茂木健一郎氏、小保方晴子氏の記者会見を受けてコメント「僕は意味が無いと感じました」
茂木健一郎氏がTwitterで偏差値教育に怒りをあらわに「くされ外道予備校ども、みんなつぶれろ!」