Appleは、台湾初のApple Storeを7月1日(土)にオープンすることを正式にアナウンスしました。場所は台北・信義区にある台北101の地下1階と地上1階の2フロアです。

当日は巨大な切り絵作品を公開するオープニングセレモニーも開催

 
今月台湾初のApple Storeの出店情報が正式に発表されていましたが、今回は具体的なオープン日が初めて公開されました。
 
当日は午前11時よりオープニングセレモニーが開催され、台湾の切り絵アーティスト楊士毅氏による、72メートルにも及ぶ巨大な切り絵作品が公開される予定です。
 
台湾ではこれまでに代理店やオンラインショップを通じてApple製品が販売されていましたが、直営店は未進出でした。
 
台湾初のApple Storeが店舗を構える予定の台北101は台北を代表するランドマークタワーで、オフィスやレストラン、ショップ、展望台などを提供しています。
 
Apple Storeの広さは地下1階から地上1階の1,322平方メートルになるとのことです。
 
また、営業時間は日曜〜木曜の11時〜21時半、金曜〜土曜の11時〜22時となっています。交通アクセスなどの詳しい情報は台湾Appleの公式サイトよりご確認ください。
 
 
Source:Apple via 9to5Mac
(nanakaba.n)