画像

写真拡大 (全2枚)

 5月23日、有料の動画配信サービスなどを主たる事業とする新会社「株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」(仮称)が設立される。同社は電通博報堂DYメディアパートナーズなど6社のメディアグループで構成されている。

 東京放送ホールディングス(以下、TBSHD)、日本経済新聞社(以下、日経)、テレビ東京ホールディングス(以下、TXHD)、WOWOW、電通および博報堂DYメディアパートナーズ(以下、博報堂DYMP)は5月23日、有料の動画配信サービスなどを主たる事業とする新会社「株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」(仮称)を共同で設立することに合意した。

 新会社は、TBSHDと日経、TXHD、WOWOWが設立及び運営を主導しつつ、電通および博報堂DYMPを加えた6社が力を結集。新しいスタイルの視聴体験を提供することで、国内の映像文化の発展に寄与する目的のもと、設立される。

 今後同社は、動画配信などに関するサービスプラットフォームを構築、様々なIPインフラを利用しこれまでの動画配信サービスの枠にとどまらない新たな形態のサービスを提供していく。

 具体的には、視聴者に信頼される選りすぐりの優良コンテンツの提供を行い、6社の特色を生かしたコンテンツを随時更新していく。更には、視聴者層の拡大を狙ったオリジナルコンテンツや4Kコンテンツの配信、AIなど最先端技術の活用といったことも予定している。また、6社で提供しきれないコンテンツに関しては、他の放送会社など様々なコンテンツホルダーから幅広く番組を調達していく。なお、同社のサービス提供開始は2018年の4月を予定しており、2017年秋以降を目処にプレサービスを始める予定だ。

 【新会社の概要】
(1)名称:株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン(仮称)
(2)所在地:東京都港区
(3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 郄綱康裕
              代表取締役専務 船木隆
(4)事業内容:動画配信などのプラットフォーム運営、
         IPインフラを利用したコンテンツ配信(4K含む)、
        配信用オリジナル番組制作、
        国内外の優良コンテンツの調達、
        新しい配信サービス提供に向けた技術開発など
(5)資本金など:80億円(うち資本金40億円、資本準備金40億円)(予定)
(6)設立年月日:2017年7月3日(予定)
(7)決算期:3月31日
(8)株主構成と出資比率:TBSHD:31.5%
             日経:16.6%
             TXHD:14.9%
             WOWOW:14.9%
             電通:14.8%
             博報堂DYMP:7.3%

MarkeZine編集部[著]