29日、日中の民間交流は低迷しており、中国に対しネガティブなイメージを抱く日本人も少なくないが、国内外で活躍するギタリストの谷本光氏がフェイスブックに投稿した、中国人に感激したエピソードに日本人や中国人から反応が寄せられた。

写真拡大

2016年7月29日、日中の民間交流は低迷しており、中国に対しネガティブなイメージを抱く日本人も少なくないが、国内外で活躍するギタリストの谷本光氏がフェイスブックに投稿した、中国人に感激したエピソードに日本人や中国人から反応が寄せられた。

【その他の写真】

谷本氏は27日にフェイスブックで、「先日、中国の杭州市で食事中にのどに川魚の骨が強烈に刺さったが、深夜に急診に行ったらあっさりお医者さんが取り除いてくれました。魚の骨がのどに刺さったくらいで病院に行くような事ではないと考えていたのと、何よりも言葉の問題が心配だったので一晩寝てもだめなら病院に行くスタンスだったのですが、Wechat上でたくさんの中国人の友人達が『一刻も早く病院に行った方がいいよ!』と強く勧めてくれたので行く事にして大正解でした!中国のみんな、ありがとう!」と感謝を述べた。

さらに、「しかも、病院までのタクシーを手配してくれ、タクシー代まで先払いしてくれた中国の友人がいました。タクシーの運転手さんもものすごく良い人で、受付の手続きや診察室まで付き合ってくれて医師に説明までしてくれて神過ぎる。帰り際にお礼の気持ちでチップ200元渡そうとしたら丁寧に断わられて、心からの親切だと分かりさらに感激。優し過ぎる。外国人なのに、しかも日本人なのにこんなに親切にしてくれて感激した」とつづっている。

谷本氏は日本語のほか、中国語と英語でも同様の書き込みを掲載しており、中国人のフォロワーからは「中国にはいろんな人がいる。良い人もいれば悪い人もいる。出かける際はぜひご注意を!」と谷本氏にアドバイスする声も寄せられた。

さらに、日本人のフォロワーからは「尖閣諸島で悪いイメージでしたが、谷本さんのおかげで安心しました」とのコメントもあり、谷本氏は「国と人民はまた別ものですので、人民は良い方が多いですね。僕の友達は政治問題に興味が無く『島なんてどうでもいいから仲良くやろうよ』という中国人の友達も多いので、やはり実際に触れ合わないと分からない事が多いですね」と返してしている。(編集/内山)