LEGOでつくった「古典的名作」のギャラリー

写真拡大

シアトルの「パシフィック・サイエンス・センター」で、ネイサン・サワヤの最新展覧会が始まった。今回は特に、LEGOで再現された古典的な芸術作品がみどころだ。

SLIDE SHOW 「LEGOでつくった「古典的名作」のギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら
02-img_0243

2/12古代エジプトの美

03-img_0163-980x653

3/12LEGOのステンドグラス。

04-img_0125-980x653

4/12レンブラントの自画像やモナリザ

05-img_0151-980x653

5/12神奈川の偉大な波

06-img_0185-980x1470

6/12ムンクの「叫び」

07-img_0187-980x653

7/12叫ぶ人を拡大すると

08-img_0192-980x1470

8/12クリムトの「接吻」

09-img_0208-980x653

9/12古代ギリシアの作品群。

10-img_0223-980x1470

10/12LEGOの考える人。

11-img_0231-980x653

11/12アフリカ・ベニン王国の仮面

12img_0259-980x1470

12/12LEGOのヴィーナス

Prev Next

オレゴン生まれのLEGOアーティスト、ネイサン・サワヤは、2007年以来、世界各地の美術館でLEGOのアート作品を展示してきている(日本語版記事)。全長6mのティラノサウルスの骨格などを写真で見た人も多いだろう。

シアトルの「パシフィック・サイエンス・センター」ではこのほど、同氏の最新展覧会が始まった。今回は特に、LEGOで再現された古典的な芸術作品がみどころだ。

LEGOで再現されたモネやムンクの有名絵画、古代エジプトの彫刻などを、9月11日まで見ることができる(文末のギャラリーは、2014年に英国で開催された(日本語版記事)サワヤ氏の展覧会から)。

SLIDE SHOW 01lego-5

1/1180,000個以上のLEGOブロックを使って組み立てられた巨大なティラノサウルス

02-0lego-161

2/11人気の高い有名アート作品の特大立体像もある。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」や、エドヴァルド・ムンクの「叫び」などだ。

02-1lego-17

3/11人気の高い有名アート作品の特大立体像もある。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」や、エドヴァルド・ムンクの「叫び」などだ。

02-2lego-15

4/11人気の高い有名アート作品の特大立体像もある。葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」や、エドヴァルド・ムンクの「叫び」などだ。

03-0lego-8

5/11「The Human Condition(人間の状態)」と「Human Expressions(人間の表情)」がテーマのふたつのエリアには、人型の彫像がたくさん並んだように見える、もっとオリジナルなアート作品が展示されている。

03-1lego-11

6/11「The Human Condition(人間の状態)」と「Human Expressions(人間の表情)」がテーマのふたつのエリアには、人型の彫像がたくさん並んだように見える、もっとオリジナルなアート作品が展示されている。

04lego-3

7/11英国での展覧会を記念して、英国にちなんだ作品コーナーもある。赤い公衆電話ボックスや、「Keep Calm and Build On」と書かれたポスター(第二次大戦初期に英国政府が制作した有名なポスター「Keep Calm and Carry On」(冷静に闘い続けよう)のパロディ)。

05-0lego-2

8/11過去と現在の英国の音楽シーンを席巻した最高のバンドもLEGO化されている。ビートルズと…ワン・ダイレクションだ(バンドについては、アイアン・メイデンとクレイドル・オブ・フィルスにすべきだと思うが、WIRED UKスタッフがArt of the Brick展を管理しているわけではないので、やむを得ないだろう)。

05-1lego-1

9/11過去と現在の英国の音楽シーンを席巻した最高のバンドもLEGO化されている。ビートルズと…ワン・ダイレクションだ(バンドについては、アイアン・メイデンとクレイドル・オブ・フィルスにすべきだと思うが、WIRED UKスタッフがArt of the Brick展を管理しているわけではないので、やむを得ないだろう)。

06-0lego-7

10/11

06-1lego-12

11/11

Prev Next