ヤクルト・村上が15日の広島戦の八回、矢崎から右中間にソロを放って通算200本塁打を達成した。24歳3か月での200本塁打は清原和博(当時西武)の24歳10か月を抜くプロ野球最年少。200本塁打はプロ115人目。初本塁打は2018年9月16日の広島戦。ヤクルト・村上「(史上最年少での通算200号に)あまりピンと来ていない。まだまだ通過点なので、頑張ります」