ドン・ホラー復活!『ギャバン THE MOVIE』敵役声優で関智一、松本大が参戦!

写真拡大

10月20日(土)に公開される「宇宙刑事シリーズ」30周年記念作であり、初のシリーズ単体映画となる『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』の敵役として出演する声優陣が8日、発表された。

今回ギャバンに敵対する組織は、初代ギャバンと激闘を繰り広げた「宇宙犯罪組織マクー」の残党。

彼らは、ギャバンによって倒された首領ドン・ホラーの復活を掲げ、ギャバンたち「宇宙刑事」の前に立ちふさがることになる。

この「宇宙犯罪組織マクー」のダブルモンスター「リザードダブラー」役を関智一、ドン・ホラーの息子サン・ドルバの怨念で形成された鎧をまとう不死身の剣士「ザン・バルド」役は松本大が務める。

また、サン・ドルバの母・魔女キバの同族「魔女キル」役に、女性戦士のスーツアクターとして活躍する人見早苗。

そして、ドン・ホラー役は、初代の『宇宙刑事ギャバン』と同じく飯塚昭三が務め、ナレーションは『妖怪人間ベム』のベムや『ルパン三世』シリーズの次元大介などを演じる小林清志が担当することになった。

なお、9月9日(日)25:00より放送の関智一がパーソナリティーを務める「ラジオビックバン」には、大葉健二がゲストとして登場することが決定している。

 物語は、突然消息を絶った二人の宇宙飛行士、彼らの身に起こったのは――というプロローグからはじまる。

ドンホラーの復活により全宇宙に危機が訪れ、宇宙刑事ギャバンは、愛する人を守るため、宇宙を守るため、世代を超えて戦いを挑む。

コンバットスーツに身を包みレーザーブレードを構えるメタルヒーローたちの勇姿。

ギャバン、シャリバン、シャイダーと、三大宇宙刑事の共闘とともに、新たな「宇宙刑事伝説」がいよいよ幕を開ける。「ギャバン」製作委員会 (C)東映