「NOキムチ!」「独島はわが領土」韓国人俳優が日本のレストランで愛国心を示す

写真拡大

韓国人俳優ソン・ジュンギが、東京のレストランで日本人店員の「キムチ」の発音を矯正したり、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について言及するなど数々の愛国心を見せ、韓国のインターネットユーザーから称賛されるという出来事があった。

韓国メディア「ニュースエン」によると、2月11日午後に放送されたQTV「I’m real ソン・ジュンギ」第2話で、日本を訪問したソンは東京のある食堂でオムライスを注文した。その際、女性店員に「キムチ、アリマスカ?」質問。店員は「キムチあります」とキムチがあることを伝えた。

しかし、店員が述べた「キムチ」が日本式の発音(Kimuchi)だったため、ソン氏は「No Kimuchi、Kimchi」と韓国式の発音「Kimchi」を教えた。店員は少し戸惑った様子だったが、ソンは「キムチ(Kimchi)」と繰り返し、それでも店員が(Kimuchi)と言うと、韓国語で「Kimchiチュセヨ(下さい)」と述べた。

店員がキムチを取りにいっている間、ソンはカメラに向ってキムチは韓国の食べ物だと強調。さらに「独島(ドクト)はわが領土」と付け加えた。撮影スタッフが「東京もわが領土ならいいのに」と述べると、ソン氏は「いや〜東京ではなく、ド・ク・ト!」と強く主張した。

放送後、インターネット上にはソン氏の発言を称賛するコメントが殺到。「顔だけでなく考え方まで格好良い…誇らしい」「日本で韓国語講座とは、すごい」「日本の番組に出演する韓国芸能人は時々失言をするけど、日本の現地でこういった発言をするとは」といったコメントが集まったという。

しかし、メディアの報道とは裏腹に、インターネット上にはソンに対する非難の声も多い。「なんて無知なやつ…日本語ではキムチ(Kimuchi)としか表示できないのだから、結局キムチと言うしかない」「外国人が韓国の市場に来て『No、オレンジ』と言うか? 勝手に読み方を変えるなと言うなら、韓国ではトンカスと言うが、正式な日本の発音はトンカツじゃないか」「自分だって日本の発音が正しくないのに、日本人がキムチとひと言言っただけでこんなこというなんて。残念だ、実に残念」など、ソンの発言は韓国人の間でも賛否両論を巻き起こしている。


参照:ソン・ジュンギ「'キムチ'違います! 'キムチ'です」にネチズン賛辞 - bntnews
参照:ソン・ジュンギ「Noキムチ、キムチ」発言にネチズンほれた発言 - ニュースエン
(文:林由美)■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。