なとり「絶対零度」配信ジャケット

写真拡大

TVアニメ『WIND BREAKER』オープニングテーマとして好評、なとりの新曲「絶対零度」。なとりにとって初のアニメタイアップ曲であることを記念して、『WIND BREAKER』の主人公・桜遙を演じる声優・内田雄馬との対談が実現した。桜遙にシンパシーを感じながら、自身の経験を総動員して作成したと話すなとり。その桜遙を演じる内田は「絶対零度」を聴き、「まさしく『WIND BREAKER』が凝縮された楽曲だ」と感じたと言う。音楽制作と声優の役作りに共通項を見いだし、意気投合した二人。『WIND BREAKER』の魅力と「絶対零度」の制作舞台裏とは?

【関連画像】なとりのイラストと『WIND BREAKER』JKを見る(3枚)

――なとりさんは『WIND BREAKER』の原作を以前から読まれていたとのことで。

なとり:はい。少年マガジン公式無料漫画アプリ『マガジンポケット』をよく使わせていただいているのですが、『WIND BREAKER』が掲載され始めた時「めっちゃ格好いいキャラクターが出ている!」と思って読んだらハマってしまって。アプリで課金することはあまり無かったのですが、すぐ続きが読みたくて課金して読むようになって。漫画を読んでいるうちに曲が書きたくなっていて、そうこうしているうちにオープニングテーマの話をいただいた次第です。だから曲を作る時も、そんなに苦労はなくて。

内田:作品を読み込まれていたんですね。

なとり:はい。「こういう曲を作るぞ!」というイメージがすでにあって。

――内田さんも、以前から知っていた作品でこの役がやりたいと思って、オーディションを受けることもありますか?

内田:そういう時もありますし、オーディションを受けるにあたって原作を読んだら、面白くてハマってしまうことはよくあります。『WIND BREAKER』に関しては、アニメ化の以前に作品原作のPVで声を当てさせていただいたのがきっかけで、最初から桜遙役でお話しをいただいていました。通常とは少し違う出会い方でしたし、自分としてはちょっとドキドキして、PVのセリフはひと言しかないので、役へのアプローチが難しかったことを覚えています。それに、場合にもよりますが、狙い過ぎて良くない時もあって。狙いに行くと「まあ、そうなるよな」という芝居になってしまうのは、オーディションを受けるときに陥りがちな落とし穴です。でもその作品に関わることになってからは、役作りを詰めて行く作業が必要なので、自分にとって必要なものを原作や、台本を読み込むという方法で役を作っていきます。

なとり:狙いすぎると良くないという話は、めっちゃ共感しました。音楽作りでも、狙いすぎると良くないとか、必要なものをどこから得るかとかすごく考えるので。

内田:そうなんですね。なとりさんの中にある『WIND BREAKER』像と、みんなが見ている『WIND BREAKER』像がきっとあって、それを第三者的にどういう視点で見るかとか。そのバランスを考えながら制作されたと思うんですけど、今回の「絶対零度」を作る時、「これだけは絶対やりたいこと」はありましたか?

なとり:僕の曲の中で、「最も治安が悪く」できたらいいなと思いました(笑)。『WIND BREAKER』の中にある、爽やかだけどノイズがかっている恐ろしさみたいなものが、ちゃんと表現できる曲が作りたいと思って。ロックだけれど爽やかであり、ちょっとヤンキーのバイオレンスチックな部分もある曲が、作れるようにと思って意識しました。

内田:『WIND BREAKER』にはどこか繊細な部分があるんですよね。桜が風鈴に来て、孤独から始まった物語が、出会によって大きく動いていっていることが、曲の中ですごく表現されている気がしました。「まさしく『WIND BREAKER』だ!」と思って、聴かせていただいてすごくテンションが上がりました。それは、もともと原作がお好きだったという部分があったからこそ、書けたものなのかなって。

なとり:すごくうれしいです。『WIND BREAKER』のキャラクターって、みんな登場した時はすごく冷たい感じがあって、桜もはぐれ者だったところから、全てに対してめちゃめちゃ冷たく感じているんだろうなと思って「絶対零度」という言葉が浮かびました。でもケンカとかの熱いシーンになると誰よりも”ファイアー”な感じになるから、そうなったら逆に「絶対零度」を燃やし尽くしちゃうんじゃないかと。そういうギャップが超格好良くて、それを歌にしてやろうって思って作りました。

――絶対零度も燃やし尽くすような桜の熱さは、演じながら感じますか?

内田:そうですね。桜が登場した時のケンカは、ある種の自己表現としての、自分が自分であるためのケンカなので、当初は周りに対してすごく冷めた部分があったと僕も思いました。そうじゃないと、自分が傷ついてしまうから。エネルギーはすごくあるんだけど、それを誰かのために使うことなく生きてきてしまったのが桜で、そのエネルギーの使い方は、物語が進むにつれて変わっていきます。風鈴のためにとか、誰かのためを思ってとか、それによってケンカの理由も変わっていきます。だから最初の冷たさは、どんどん熱さになっていく、そんな気がしています。でも実際に、街の人を守るためとなったら、心を決めて戦うわけで。そういう強さを持っているキャラクターばかり出てくる作品なので、まさしくこの曲だなって思いました。

なとり:僕が思っていたことを、全部言語化してくださってありがとうございます(笑)。エネルギーの塊を持っているけど、バイオレンスなことでしか自分を表現できなかった桜。僕もバイオレンスではないけど、割とそういう面を持っていて、自己表現を音楽にしか投影できなかったから、桜にはめちゃくちゃシンパシーを感じました。それこそ桜になりきって作りました。それに『WIND BREAKER』の絵はスタイリッシュだし迫力もあるし、とても創作意欲をかき立てられるものなんです。だから絵を横目に見ながら制作したし。セリフにインスパイアを受けたところもあって、桜が初めて防風鈴のメンバーと会ったとき、「めちゃくちゃかっこいいじゃねぇか!!」と言って殴りに行くんですけど、「こいつは何て格好いいことを言っているんだ」と思って、歌詞もすごく意識しました。

なとり:だから第1話とか、桜がどんな声でそのセリフを言うのか、めちゃめちゃ楽しみです。

内田:ドキドキしてきた(笑)。でも、僕もやり切りましたし、映像もすごく丁寧にしっかりと、『WIND BREAKER』の世界を作り上げています。楽しみにしていてください。

――オープニングの映像もご覧になって、いかがでしたか?

内田:すごく良かったです!

なとり:僕自身アニメのタイアップが初めてなので、「アニメの映像が付いている!」と思って感動しました。内田さんと一緒に拝見させていただいたこともすごく光栄でしたし、もしひとりで見ていたら泣いちゃっていたと思います。

内田:(笑)。でも本当に良いオープニング映像だと思います。『WIND BREAKER』は絵の作りが本当に丁寧で、みんながいいものを作ろうとしている気持ちが伝わる座組です。『WIND BREAKER』という面白い作品を、TVアニメでもしっかり届けようという気持ちが、オープニング映像からも伝わってきます。

なとり:青いトマトが瞬間的に熟れて赤くなるシーンがあって、そこが「絶対零度」から熱く燃えるところと重なって、「秀逸だ!」って思いました。『WIND BREAKER』に出てくる細かいオブジェクトが活かされていて、オムライスが出てきたときに内田さんが「美味そう!」って(笑)。

内田:あのオムライスの出来がすごく良いですよね(笑)。それに、音と絵のハメ具合も、もともと曲のサビが入るところはテンション上がるなと思っていたけど、そこにバトルシーンの映像が付いて、とても格好良かったです。

――でも、なとりさんがこれまで出してきた曲はR&Bとかしっとりした感じが多くて、こういう疾走感のあるロックはありませんでした。そういう意味では、ファンは今回の曲を聴いて驚くかもしれませんね。

なとり:確かにそうかもしれません。でも、僕のルーツは、こういう疾走感のあるロックなので、こんな曲も作っていたんです。

内田:そうなんですね。

なとり:はい。でも気づいたら、R&Bの曲ばかりが広まって注目されてしまっていて。だからずっと、今回みたいな系譜の曲を作りたいと思っていて、そんなところに『WIND BREAKER』のお話が来て。『WIND BREAKER』はR&Bとかではなく、疾走感があって「ウワ〜!」って叫ぶような曲が絶対合うと思ったから、今回挑戦させていただきました。ロックだけれど、”R&Bのなとり”が好きな人の心もつかめる曲ができた自信があります。

内田:僕もR&Bが好きなので、すごく分かります。確かに「絶対零度」はロックだけれどオシャレな部分があって、みんなもそこに胸がギュッてなると思います。勢いもあるけどそれを彩る要素が、すごく『WIND BREAKER』っぽいと思いました。もっとゴリゴリのロックや、スリーピースのバンドサウンドでバキバキの曲だったとしたら、それもそれで魅力的だったとは思いますけど、そうじゃない膨らみがあって、そこがすごく風鈴っぽいんですよね。

なとり:うれしいです。ありがとうございます。

内田:僕が子供の頃、アニメを観ていると疾走感のあるロックで作品が彩られていることが多くて。僕自身はもともとR&Bなどが好きだったんですけど、アニメの主題歌といえばロック、というイメージもありました。それをなとりさんは、いまの感性をミックスして、アニメと合体させていらっしゃるんです。絵とのマッチングもバッチリで作品性を高めるような表現になっている。「良いオープニングテーマとはこういうことを言うのだろう」と、感じました。

なとり:僕が小学生の頃は周りもみんなアニメを観ていたから、僕も自然とアニメを観ていたし。今回のアレンジャーさんが、じんさんというボカロPの方で、僕はアニメも好きだし、ボカロのロック曲の系譜も受け継いでいたので、今回はそういう経験を総動員して、「アニメの曲はこういうものだぜ」という部分と、なとりとしてこれまで培ってきたもの、そしてじんさんが持つボカロやアニメタイアップの経験を、掛け合わせたらどうなるのか! みたいな挑戦もあったんです。それが実際にアニメとハマっていたと言っていただけて、すごくホッとしました。

内田:いや、とても素敵なオープニングです。うれしい89秒でした。

なとり:その89秒というのも初めてで。

内田:そうなんですね!

なとり:最初はフルで作って、「絶対零度」のいいところをバンバンバンッて89秒に詰め込んだ感じなんですけど、たまにキレそうになりました。「89秒って何だよ!」って(笑)。

内田:やっぱり尺が決まっているのって、すごく難しいですよね。

なとり:でもすごく楽しかったですよ。「俺はアニメタイアップ曲を作っているんだ」という実感が沸いて。

――これを機会に、楽曲提供とかどうですか?

内田・なとり:ええ〜!

なとり:恐れ多いですけど。でも、アニメを観ていて、すごくいい声だから、この声で歌ってもらえたら、どういう感じなんだろうって興味はありますね。

内田:僕が演じるときはキャラクターのことだけを考えてアプローチするので、そこに自分らしさをどう乗せるかではなく、どう解釈するかが大事なんです。そういう意味では、自分の声の特性を意識してセリフを話すことはほとんど無いので、それを外から見たときどう見えているか、いろんな人から客観的な声を聞くのはすごく新鮮です。だから僕からイメージして曲を作ってもらえたら、こんな嬉しいことはないですね。機会があればぜひ。

――では最後に、読者に向けてメッセージをお願いします。

なとり:じゃあ先輩からお手本をお願いします(笑)。

内田:お手本(笑)! 今回は、こういうお話をさせていただける機会に恵まれて、すごくうれしかったです。楽曲に込める思いとか、どういう流れで生まれているのかとか、音楽ファンとして心をくすぐられる話ばかりでした。こうやって『WIND BREAKER』につながっていったんだと、僕の中で吸収できる部分がとてもたくさんありました。『WIND BREAKER』は、この面白い作品をしっかりみなさんに届けたいという熱い思いで収録しているのですが、なとりさんも同じ熱い思いで楽曲を作ってくださっているのが分かり、その熱さが「絶対零度」に表れていると実感します。今日はすごくテンションが高まりましたし、ここで感じたクリエイティブにおける熱い気持ちを収録現場に持ち帰りたいと思います。『WIND BREAKER』を最大限楽しんでいただくために、いろんな人が熱量を高めて作っていますので、どうぞアニメもオープニングも楽しんでいただければと思います。

なとり:改めて『WIND BREAKER』に携われて、とてもうれしいです。内田さんという、ずっと声を聞いてきた方が出演しているアニメのオープニングに、俺の曲が乗ってると思うだけで感動しましたし、すごくいいアニメだからシンプルにたくさんの人に観てほしいです。なんか上手く言えないけど(笑)、よろしくお願いします!!!