国内販売終了が発表されたフィアット『500』(チンクエチェント)

写真拡大

 Stellantisジャパンは21日、フィアット・ブランドのコンパクトカー『500』(チンクエチェント)および『500C』(チンクエチェント シー)の日本向け生産を、2024年5月に終了することを発表した。

【写真】後ろ姿もかわいい…国内販売終了が発表されたフィアット『500』(チンクエチェント)

 フィアット・ブランドのフラッグシップモデルである『500』は、2代目モデルが『ルパン三世』の愛車になるなどして、日本でも人気に。現行モデルは、2008年に国内デビューして以来、国内の累計販売台数約13万台を記録していた。

 日本向け生産終了の背景として同社は「Stellantisグループが掲げるグローバル戦略の柱である電動化の推進に伴うもの」とし、フィアット正規ディーラーでの取り扱い在庫がなくなり次第、国内での販売は終了となる。