東栄住宅HPで発表された声明文

写真拡大

 不動産会社「東栄住宅」が14日に公式サイトを更新。SNSなどで炎上した性的投稿について声明を発表した。

 今年2月、あるネットユーザーが職場の女性の飲食物などに自身の体液をかけるなどの様子を「X」(旧ツイッター)に投稿し炎上した。

 また、動画の背景などから、該当行為が行われていたのが「東栄住宅」の営業所であることや、そこに勤務していた人物が行った可能性などが指摘されており、同社は同月「本件投稿を行った者については、2023年8月より当社にて勤務していた派遣社員であることが確認されており、この事実は、派遣元企業アデコ株式会社も認めております」などと事実認定。調査に協力する意思を示していた。

 この日は公式サイトで「当該行為を行ったとする元派遣社員が5月10日付けで岡山県警により書類送検されたとの報道に接しました」と報告し「被害者の方に改めて深くお詫び申し上げるとともに、お客様、地域の皆様、当社に関係する全ての皆さまに対しても、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたこと、改めて深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 また「当社としては、引き続き捜査に全面的に協力してまいります」としたうえで「上記以外のコメントは控えさせていただきますこと、ご了承いただきますようお願い申し上げます」と伝えるに留めている。