卒業式のコーディネートで、袴に振袖を合わせてもよいのでしょうか。写真はイメージ(写真: Ushico / PIXTA)

卒業式というと、女性は袴を着たスタイルが定番になっています。着物に詳しい専門家からみると、最近の女性の袴スタイルには違和感があるといいます。山陰地方(鳥取・島根)で呉服店「和想館」を経営、「君よ知るや着物の国」の著作がある、着物と日本文化の専門家の池田訓之氏が解説します。

3月に入り、春の卒業式シーズンに突入しました。嬉しいことに、店先で卒業式用に袴をお世話させていただくことが年々増えてきました。そこで袴について最近感じていることを今回はお話しいたしましょう。

まず、袴とは和装で着物の上から着けて腰から脚を覆うゆったりした衣服の総称です。

明治や大正時代の袴スタイルの写真を見てみると、合わせている着物は、黒紋付、色無地、小紋ですね。袖は、若いので少し長めにされている写真もありますが、振袖姿(現在20歳の集いで着られている最も袖の長い大振袖姿)はないと思います。

くすみカラーが人気に

この3年くらいは、いわゆる「くすみカラー」の袴コーディネートが人気のスタイルになっています。くすみカラーとは、カラフルなものやパステルカラーよりも、ベージュやグレージュといった彩度の低い色のことをいいます。

印象でいえば、目立つのではなく、周りに溶け込む感じです。使う色も1、2色でスッキリコーディネートが流行りのように感じます。

ありのまま、自然体という姿勢が好まれるこのごろ、目立たず沈まず、くすみカラーがちょうど自然な感覚でいられるからなのかもしれません。

さて近頃、振袖に袴をはいて卒業式に出られる方も見られます。そして足元にはブーツを履かれている方もお見受けします。この振袖に袴スタイルには、私は少し違和感を覚えています。

現在20歳の集いなどで女性が着られている振袖(大振袖:袖丈100〜110cm位)は、未婚者の慶事でいちばん格の高い着物(第一礼装)です。全体をキャンバスにみたてて、1枚の絵画のように柄が入っている、最も豪華な着物です。

それにわざわざ袴をつけて、格を落とす必要はないと思います。振袖は裾の模様がいちばん美しい見せ所なのですから、そこを袴で隠してしまうのはもったいないと思います。

卒業式を、精一杯尊重する気持ちを袴スタイルで表現したいのであれば、着物は黒紋付をお召しになるといいと思います。

黒紋付とは五つ紋の黒地で柄のない着物です。喪服と言えばイメージがわくでしょうか。黒字で五つ紋は色も家紋も、着物でいちばん格の高い位置づけになります。そのため、黒紋付は第一礼装として祝い事にも弔いごとにも着ることができるのです。

実際に宝塚音楽学校の卒業式は、黒紋付に緑の袴ですね。女性は19歳で厄を迎えるので、その厄よけに黒紋付をつくるのがならわしです。紋付に入れる五つ紋は、背中の紋がご先祖、両胸が父母、袖は兄弟姉妹を現していて、先祖、家族が守ってくれるお守りになるからです。袴スタイルで、最高に礼をつくすスタイルは、黒紋付に袴姿です。

袴姿を制服スタイルととらえるなら、着物は色無地や小紋でもよいでしょう。袖も若い間は長めにすることがありますので、標準の1尺3寸(約49cm)より長い2尺袖(約76僉砲任發茲い隼廚い泙后B元も、制服スタイルと考えるなら、昔の学生のようにブーツでもいいのかもしれません。

袴姿でトイレに行くのは不便?


ちなみに、小学校でも袴スタイルは増えていますが、最近では、袴スタイルではトイレに行けない、着崩れたときの処理ができないなどの理由で、禁止する学校もあるようです。

着物を日常的に着ている私からすると、着物や袴の着付けは、少し慣れておいたら簡単であり、トイレもスカートとあまり変わらず、何の問題もないと思います。

いろいろお話しいたしましたが、そんなに大げさな決まりごとはありません。着物は丹田を刺激し、心が落ち着くと言われています。1人でも多くの方が着物を着て厳かな気分で、卒業式に出席してくださることが、呉服屋主人の喜びです。
  

(池田 訓之 : 株式会社和想 代表取締役社長)