スターズオンアース (C)Yushi Machida

写真拡大

 今年の桜花賞、オークスを制し、16日の秋華賞で3着だったスターズオンアース(牝3・美浦・高柳瑞樹)は、エコー検査を行った結果、左前肢の繋靭帯に若干の炎症を起こし、年内は休養することがわかった。23日、同馬を所有する社台サラブレッドクラブが公式サイトで発表した。

【秋華賞】 スタニングローズがG1初制覇!スターズオンアース三冠ならず年内は休養の見込み

 同馬は秋華賞後に山元トレセンに放牧へ出されていたが、左前肢の浮腫みが治らずに牧場獣医師によるエコー検査を実施。その結果、炎症が確認された。しばらくの間は騎乗を控えて患部の治療に専念、怪我の回復を優先させていくとのこと。