肺炎疑い受診の男性に「余命宣告」原因不明の「特発性間質性肺炎」

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 約10年前からせきや息切れの症状が出て、肺炎を疑い医療機関を受診した男性
  • 国の指定難病「特発性肺線維症」と診断され、余命2〜3年と宣告されたそう
  • 専門医は「珍しい病気ではなくて、一般的な病気」と早めの受診を呼びかけた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x